2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■角換わり腰掛け銀研究

< | No.0024 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 角換わり腰掛け銀研究

zoom
角換わり腰掛け銀研究 [総合評価] S

難易度:★★★★★

図面:見開き3〜4枚
内容:(質)S(量)S
レイアウト:B
読みやすさ:B
有段者〜高段向け

【著 者】 島朗
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:1994年10月 ISBN:4-89563-607-0
定価:1,942円 399ページ/19cm
(新版)

zoom
新版 角換わり腰掛け銀研究 [総合評価] S

難易度:★★★★★

図面:見開き3〜4枚
内容:(質)S(量)S
レイアウト:B
読みやすさ:B
有段者〜高段向け

【著 者】 島朗
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:1998年9月 ISBN:4-8399-0066-3
定価:2,000円 430ページ/19cm


【本の内容】
太字は新版で追加された項目です。
第1部 木村定跡 16p
第2部 現代角換わり腰掛銀の登場 112p
第3部 基本型の研究 176p
第4部 現代角換わり腰掛銀の諸問題 85p
  最新研究 30p

◆内容紹介
角換わり腰掛け銀の定跡と研究、そして実戦。最新形に至るまでの試行錯誤の中に、半世紀に及ぶ棋士の営みを位置づける、気鋭のA級八段による書き下ろし500枚論考。
四年ぶりに最新研究を加え、再び道は始まる―。


【レビュー】
角換わり腰掛銀オンリーの研究書。

角換わり腰掛銀の本としては、本書が現在の最高峰であることは間違いない。非常に精密な研究が書かれ(これでも思っていたことの7割しか書けなかったそうだが)、ウソ手は一切なし。資料としてもかなりの価値がありそうだ。

多くの実戦手順も紹介されているが、残念ながら棋譜(総譜)は掲載ナシ。棋譜を並べて体で覚えることができないのがちょっと残念だ。

内容は非常に高度であるし、アマの実戦でこの戦型が現れることは稀なので、よほどの研究家か棋書コレクターにだけ薦める。



【関連書籍】

[ジャンル] 
角換わり
[シリーズ] 
[著者] 
島朗
[発行年] 
1994年 1998年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 角換わり腰掛け銀研究


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved