2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■加藤流矢倉+中飛車破り

< | No.0480 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 加藤流矢倉+中飛車破り
加藤流 矢倉+中飛車破り
zoom
一手決断・将棋戦法(2)
加藤流矢倉+中飛車破り
[総合評価] C

難易度:★★☆

図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)C
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:B
初級〜中級向き

【著 者】 加藤一二三
【出版社】 筑摩書房
発行:1985年12月 ISBN:4-480-67002-5
定価:780円 206ページ/18cm


【本の内容】
T 矢倉▲3七銀戦法 (1)現代矢倉の序盤
 /妙味つきない戦法/▲2五歩は保留する/▲3七銀戦法の誕生
(2)徹底トレーニング
64p
U 中飛車破りの
▲3八飛戦法
(1)▲3八飛戦法の序盤
(2)徹底トレーニング
64p
V 実戦名局二局 2局
(1)加藤vs中原,相矢倉▲4六銀-3七桂
(2)加藤vs中原,△中飛車vs▲3八飛戦法
72p


【レビュー】
矢倉▲3七銀戦法と、対中飛車▲3八飛戦法の解説書。

「矢倉▲3七銀戦法」(下左図)は、別名“加藤流”ともいわれ、現代でも矢倉のど真ん中にある戦法。ただし、現在の▲3七銀戦法は、▲2六歩を突いていないのが主流。加藤は昔から▲3七銀をよく指していて、森下システム全盛期にもかたくなに▲3七銀を指していた。

非常に変化が広いため、「○○という変化もある、△△もある」という具合に、解説が散漫になっている。これは戦法の性質上、しかたのないことだが、もう少し変化を絞った解説をしてほしかった。

一方、もう一つ解説されている「対中飛車▲3八飛戦法」(下右図)も加藤の代名詞ともいえる戦法。こちらの方はかなり明快な解説で分かりやすい。この戦法が必勝戦法のように思えてくるくらい。

それにしても、なぜこの2戦法が同じ本に収められているのだろう。確かに、どちらも立派な“加藤流”ではあるが…。(読む前は「“矢倉中飛車”破り」の本かと思ってた。)(2005May14)
加藤流矢倉▲3七銀戦法 基本図 加藤流 対中飛車▲3八飛戦法 基本図



【関連書籍】

[ジャンル] 
矢倉 中飛車
[シリーズ] 
一手決断☆将棋戦法
[著者] 
加藤一二三
[発行年] 
1985年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 加藤流矢倉+中飛車破り


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved