2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■将棋クロスワードパズル

< | No.0234 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋クロスワードパズル

zoom
屋敷伸之の忍者将棋
将棋クロスワードパズル
次の一手
[総合評価] C

難易度:★★☆

4p一組
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:C
読みやすさ:A
上級〜有段向き

【著 者】 木屋太二 【監 修】 屋敷伸之
【出版社】 高橋書店
発行:1991年12月 ISBN:4-471-13140-0
定価:971円 207ページ/19cm


【本の内容】
Question=50(クロスワードパズル|将棋次の一手|将棋いろは帖)

◆内容紹介
クロスワードパズルと将棋をドッキング。パズルを楽しみながら次の一手を解き、なおかつ用語集、コラムで将棋の知識が身につくという三重、四重の構成になっていて、読み終わる頃にはいつの間にか将棋の通になっている。


【レビュー】
かなり変わった次の一手問題集。クロスワードパズルと次の一手問題のコラボレーションは、おそらく空前絶後。(すなわち、本書以降マネする人がいないということだ…)

“Question”1つはそれぞれ4pで構成されている。内訳は、クロスワードパズル(問題部)=1p、次の一手問題=0.5p、クロスワード解答編=0.5p、将棋いろは帖=1p、次の一手問題解答編=1p。クロスワードはさまざまな将棋用語で構成され、次の一手問題のヒントにもなっている。「将棋いろは帖」は、コラムor将棋エピソードの紹介。

クロスワードを絡めるという試みはかなり冒険的だが、結構いい出来だと思う。ただし、肝心の次の一手問題部分がいまひとつ。級位者向けの基礎的な内容もあったり、プロの実戦から定跡になったものもあったりだが、解説が「知っている人には分かる」書き方になってしまっている。おそらく、級位者の方は解説を見てもあまり納得できないことが多いだろう。

エピソードはかなり充実しており、クロスワードも上手くできている。本書を読めば初級者でもいっぱしの将棋通になれると思う。棋力アップはあまり期待しない方がいいかも。(2003Nov04)



【関連書籍】

[ジャンル] 
次の一手問題集
[シリーズ] 
屋敷伸之の速攻将棋
[著者] 
木屋太二
[発行年] 
1991年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋クロスワードパズル


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved