2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■四間飛車破り[5七銀右戦法]

< | No.0085 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 四間飛車破り[5七銀右戦法]

zoom
塚田泰明の速攻将棋
四間飛車破り[5七銀右戦法]
[総合評価] A

難易度:★★★☆

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
中級〜有段向き

【著 者】 塚田泰明
【出版社】 高橋書店
発行:1988年11月 ISBN:4-471-13137-0
定価:1,000円 207ページ/19cm


【本の内容】
プロローグ なぜ史上最短の攻めなのか? 5p
第1章 △5二金型四間飛車vs▲3八飛 44p
第2章 △4三銀型四間飛車vs▲4六銀 66p
第3章 実戦編(7局) 85p

◆内容紹介
振飛車はアマ、プロを問わず、安定した人気をもっている。そのなかでも“四間飛車”は、一番だろう。四間飛車に対しては、“居飛車穴熊”“左美濃”“位取り”といった持久戦系統と、“5七銀左”に代表される急戦と、大別して2つの対策があるが、私が常用しているのは、『5七銀右戦法』である。まず、基本図までの指し手を覚えていただき、基本図から、大きく2通りの四間飛車側の対策があるので、これを第1章、第2章に分けて解説させていただいた。第3章は実戦編。私の公式戦より7局を収録した。


【レビュー】
△四間飛車vs▲5七銀右急戦の定跡書。

23手目での仕掛けは対四間飛車急戦では最短となる(明らかな無理仕掛けを除く)。対四間飛車急戦の基本とされる戦法である。最近は対藤井システムへの有力策として見直されている。

5七銀右戦法 基本図[右図]が▲5七銀右戦法の基本図。先手が▲3六歩を早めに突けば、ほとんどこの局面に誘導できるだろう。ここから△5二金でも△4三銀でも仕掛ける順が詳解されている(他に△1二香や△4五歩も考えられるが、ちょっとこの局面では指しにくいと思う)。振飛車の対応によって、一気に攻めたり持久戦になったりするが、その辺りの方針は各章の初めやプロローグの系統図で明確に書かれている。

右銀急戦の本としては、「四間飛車道場 第二巻」が詳しい(舟囲い型の解説ページ数は本書とほとんど同じ)が、分かりやすさなら本書の方が上。初段を目指す方の居飛車急戦入門として活用されたし。(2002Aug15)



【関連書籍】

[ジャンル] 
四間飛車vs急戦
[シリーズ] 
塚田泰明の速攻将棋
[著者] 
塚田泰明
[発行年] 
1988年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 四間飛車破り[5七銀右戦法]


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved