2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■戦法別・ライバルを負かす法

< | No.0485 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 戦法別・ライバルを負かす法
ライバルを負かす法
zoom
初段に挑戦する将棋シリーズ(20)
戦法別・ライバルを負かす法
どんな相手でもこの1冊でKO!!
[総合評価] C

難易度:★★★

図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:B
解説:A
読みやすさ:B
中級〜上級向け

【著 者】 小林健二
【出版社】 創元社
発行:1988年4月 ISBN:4-422-75070-4
定価:850円 190ページ/18cm


【本の内容】
1 初心者のための
棒銀撃退法
(1)原始棒銀撃退法
(2)角交換棒銀撃退法
(3)矢倉棒銀撃退法
48p
2 振り飛車に
泣かされている人のために
(1)中飛車撃退法
 (▲3八飛戦法/▲3八飛vs△袖飛車/▲3八飛超急戦)
(2)三間飛車撃退法
 (▲4五歩早仕掛け/▲3七桂vs△2二飛/早石田vs▲4八銀)
(3)四間飛車撃退法
 (▲右四間飛車/▲右四間vs△1二香型)
(4)穴熊撃退法
 (急戦ナナメ棒銀/地下鉄飛車/玉頭位取り/相振飛車)
68p
3 変則矢倉に
泣かされている人のために
(1)矢倉中飛車撃退法
 (4一玉型矢倉中飛車/右玉型矢倉中飛車/△3三銀+右玉)
(2)ウソ矢倉撃退法
 (▲右四間飛車/▲4五歩早仕掛け)
36p
4 ライバルを
アッといわせる速攻戦法
(1)超急戦相掛かり戦法(▲3七桂戦法)
(2)小林式・急戦阪田流向飛車
30p

・【コラム】「千日手」とは/「持将棋」とは/「石田流」のおまけページ/「封じ手」とは/ある一週間と対局日

◆内容紹介(表紙より)
手強いライバルのいる人は幸せだ。互いに競い合うことで、次第に棋力がアップするからだ。また、そんな相手に勝ったときの痛快さは、何ものにもかえがたいものがある。本書は戦法別に、その受け方と撃退法を解説した。相手がどんな攻めをかけてきても、この一冊で勝利は常に君のものだ。


【レビュー】
一応、総合定跡書。

第1章〜第3章では、特にアマの初段前後でよく使われている戦法の破り方を中心に解説。原始棒銀や角換わり棒銀を受ける立場で解説しているのが珍しい。また、アマではかなり多い“ウソ矢倉”(▲7六歩△3四歩〜から後手が矢倉にする)を急戦で破る方法もあまり他書では見かけない。その他、各種振飛車破りや振飛車穴熊の破り方など、種類は盛りだくさんだ。

第4章では、小林が開発しなおした“阪田流向飛車”や、居飛車党時代に星を稼いだという“相掛かり3七桂戦法”を解説。こちらはやや上級向き。

個人的には、初級者に非常に多い“原始中飛車”の対応法がほしかった。本シリーズ全23巻の中にはなかったはず。また、早石田の解説はシリーズ8巻の『奇襲戦法』(森けい二)とかなりカブっていた。

戦法の種類は多く、解説も分かりやすいものの、あまり変化は詳しくない。サブタイトルの「どんな相手でもこの1冊でKO!!」というにはちょっと苦しいだろう。本書で得意戦法にできそうなものを見つけたら、もっと解説の詳しい他書を探してみるといい。(2005May25)



【関連書籍】

[ジャンル] 
総合定跡書
[シリーズ] 
初段に挑戦する将棋シリーズ
[著者] 
小林健二
[発行年] 
1988年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 戦法別・ライバルを負かす法


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved