2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■第54期将棋名人戦

< | No.0486 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 第54期将棋名人戦
第54期将棋名人戦
zoom
第54期将棋名人戦 [総合評価] D

難易度:★★★☆

図面:見開き1枚
内容:(質)A(量)C
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:B
中級以上向き

【編 者】 毎日新聞社
【出版社】 毎日新聞社
発行:1996年7月 ISBN:4-620-50474-2
定価:1,359円 185ページ/19cm


【本の内容】
【名人】羽生善治 (防衛) 【挑戦者】森内俊之
 

先−後

戦型

観戦記

 
第1局 ○羽生−森内● 相矢倉▲4六銀-3七桂 加古明光 25p
第2局 ●森内−羽生○ 相矢倉△右四間飛車 甘竹潤二 29p
第3局 ○羽生−森内● 角換わり△棒銀▲右玉 清水孝晏 23p
第4局 ○森内−羽生● △四間飛車▲引き角急戦 福井逸治 29p
第5局 ○羽生−森内● 相掛かり▲タテ歩取り模様 井口昭夫
加古明光
23p

・森内俊之八段・A級順位戦会心棋譜3局(vs谷川浩司王将,vs中原誠永世十段,vs村山聖八段)=40p
・盤側の記(加古明光)=8p
・名人戦54期の全記録=2p
・第54期A級順位戦成績表=1p


【レビュー】
名人戦の観戦記。

冬の王将戦で七冠を達成し、この名人戦でも七冠を維持している羽生。挑戦者に踊り出たのは、羽生の同級生・森内。ちなみにこれで3年連続して“A級1年生”が挑戦者である。

第1局で珍プレーあり。森内が“封じ手直前指し”をしたのだ。ルール上は何の問題もないが、二日制のタイトル戦では封じ手前に“わたしが封じますよ”という暗黙の空気が漂うのが普通だから、ちょっと珍しい出来事だった。森内はあまり封じ手をやりたくなかったらしい。第4局では記録係の時計と自分の時計をピッタリ合わせ、封じ手時刻の数秒前に指している。一部で物議を醸したようだが、特に何の問題もないと思う。

将棋の内容は、前年ほど変則的ではないものの、急戦調の将棋が多かった。一方が挑発し、他方がそれに応じるといった感じだ。常に森内がリードを奪う形で進めたものの、結果的には“羽生マジック”が制勝。

それにしても、相変わらず観戦記で失言の多いこと。「対局場のシーホークホテル&リゾートという長ったらしい名のホテル。」(10p) 会場を提供してくれたホテルに対して“名が長ったらしい”はないよ… (2005May26)



【関連書籍】

[ジャンル] 
名人戦観戦記
[シリーズ] 
[著者] 
毎日新聞社
[発行年] 
1996年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 第54期将棋名人戦


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved