2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■大山流 攻める三間飛車

< | No.0484 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 大山流 攻める三間飛車
大山流 攻める三間飛車
zoom
一手決断・将棋戦法(5)
大山流 攻める三間飛車
[総合評価] C

難易度:★★☆

図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)C
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:B
初級〜中級向き

【著 者】 大山康晴
【出版社】 筑摩書房
発行:1986年4月 ISBN:4-480-67005-X
定価:780円 206ページ/18cm


【本の内容】
T 居飛車穴熊破り (1)先手三間飛車の序盤
 /さばいて勝て/一手の違いを生かせ/
(2)徹底トレーニングT・U
 /三間飛車の優秀性/
66p
U 対急戦の戦略
(△三歩突き捨て)
(1)対急戦の序盤
 /攻めの陣形/▲4七金の意味
(2)徹底トレーニングT・U
 /居飛車が棒銀の場合
62p
V 攻める三間飛車の実戦 2局
(1)大山vs米長,▲三間飛車4六銀型vs△居飛穴
(2)大山vs二上,▲三間飛車vs△棒銀
70p

◆内容紹介(「はじめに」より抜粋)
三間飛車は特に先手番のときに用いると効果があります。戦型を整えるまでの手順が非常に覚えやすく、三手目に▲7八飛と振り、あとは玉を美濃囲いの堅陣に収めると、いつでも戦いにうって出ることができます。問題は、いつ、どうして捌いて出るかです。これについてはいくつかのパターンがあって、それを覚えてもらえばもう大丈夫です。


【レビュー】
▲三間飛車vs△居飛車穴熊、▲三間飛車vs△急戦の解説書。急戦は三歩突き捨てと棒銀の2種類。

▲5六歩・△5四歩型の基本図大山はよく四間飛車・中飛車・三間飛車をローテーションで使っていた。そのうち▲三間飛車は特に有力と見ていたようだ(△三間飛車もよく使っているが)。本書で扱う“大山流三間飛車”は右図。何の変哲もない三間飛車のようだが、▲5六歩を早めに突くのが特徴。「5筋の位負けは絶対にいけない」というスタンスだ。▲三間飛車には△7三桂戦法が甘くなるので、棒銀・三歩突き捨て対策と持久戦対策があれば十分戦えるというわけだ。

このシリーズの特徴として、要所ごとに“トレーニング”として「ここで○○だったら?」と変化を考えさせる。解説も、級位者でもついていけるようにかなりレベルを下げ、一図面ごとの指し手が1〜3手と非常にゆっくり進んでいく。

かなり易しく書かれているので、三間飛車入門としてはちょうどいいレベル。ただし定跡書としてはいまいちなので、一通り読みこなせたら早めに他の本で知識を補っていこう。(2005May21)



【関連書籍】

[ジャンル] 
三間飛車
[シリーズ] 
一手決断☆将棋戦法
[著者] 
大山康晴
[発行年] 
1986年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 大山流 攻める三間飛車


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved