2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■アマの将棋 ここが悪い!(4) 四間飛車戦法

< | No.0417 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > アマの将棋 ここが悪い!(4) 四間飛車戦法

zoom
アマの将棋 ここが悪い!(4)
四間飛車戦法
[総合評価] B

難易度:★★★

見開き1問
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解答の裏透け:B
解説:A
中級〜上級向き

【著 者】 鈴木大介
【出版社】 創元社
発行:2001年8月 ISBN:4-422-75044-5
定価:1,000円 206ページ/19cm


【本の内容】
第1章 序盤編=13問
第2章 中盤編=21問
第3章 終盤編=22問

◆内容紹介
四間飛車のポイントとなる局面は、実力の差が歴然と現れるときでもある。勝負を左右する重要局面でどう指すか、失敗手を指摘しながら最善手を導き出す。序・中・終盤の問題を解くことで、将棋のカンと構想力を鍛える一冊。


【レビュー】
四間飛車の次の一手問題集。

「アマの将棋 ここが悪い!」シリーズは、もともとは桐山清澄・著の全三巻。いったん完結していたが、四間飛車・居飛穴・棒銀というアマに人気の戦法を、それぞれの権威者が解説する、という形で復活。本書はその第一弾である。

問題1つに対し、アマがやりそうな「失敗手」を1〜2つ解説し、そのあとに「正解手」を解説するスタイルは従来どおり。解説文が非常に充実しているのが嬉しい。鈴木流の「感覚重視」のザックリ解説は、本シリーズのテーマにぴったり合っていてちょうど良い。「ほんとうに実力がつくのは、派手な一手を当てるよりも、一手の考え方をよく理解して大局観を養っていったほうがよい」(50p)

この分野では『四間飛車を指しこなす本(1)〜(3)』(藤井猛,2000)が一歩先んじているが、本書もなかなかのもの。四間党の級位者にオススメだ。(2004Dec04)



【関連書籍】

[ジャンル] 
次の一手問題集
[シリーズ] 
アマの将棋ここが悪い!シリーズ
[著者] 
鈴木大介
[発行年] 
2001年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > アマの将棋 ここが悪い!(4) 四間飛車戦法


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved