content="text/html; charset=x-sjis"> 熱闘!100番勝負 @将棋 棋書ミシュラン!
2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■熱闘!100番勝負

< | No.0418 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 熱闘!100番勝負
熱闘!100番勝負
zoom
熱闘!100番勝負
将棋・珍プレー好プレー
[総合評価] B

難易度:★★★

図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)A
レイアウト:B
解説:A
読みやすさ:B
中級〜有段向き

【著 者】 東公平
【出版社】 朝日ソノラマ
発行:1996年5月 ISBN:4-257-03482-3
定価:1,262円 209ページ/19cm


【本の内容】
・珍プレー・好プレー=100
王将さっさと遷都の巻/「受ける青春」に幸あれ/切れそうで切れぬ妙技/角2枚連続タダ捨て/中原式脳天割り必勝法/森下卓六段の横綱相撲/最終局の最終手が妙手/ドタバタ将棋の悲喜劇/カレーなるイモ攻め不発/天野宗歩には勝てない/〔ほか〕

◆内容紹介
羽生も妹に勝てなかった「ギャクテーン将棋」とは!? 凄い手、アホな手、不思議な話−思わず笑っちゃう将棋の本。これであなたも羽生に勝つ?


【レビュー】
東公平(観戦記者)の珍プレー・好プレー集。「週刊朝日」誌に連載された「今週の将棋・珍プレー好プレー」を纏めたもの。収録されているのは1990.10.26〜1996.3.15の100編。

連載時直近のプロ将棋から妙手・好手・奇手・ポカを紹介。ネタが無いとき(?)は、過去の将棋が題材になることも。見開きに1エピソード。

文章自体は完全に東氏の独断と偏見に基づいている。面白い裏話もあるが、率直発言(失言とも…)も多いので、多少は好き嫌いが分かれると思う。個人的には鈴木宏彦の本のほうが安心して読めたが、ゴシップ好きの方は本書のほうが面白く読めそうだ。(2004Dec08)



【関連書籍】

[ジャンル] 
珍プレー好プレー集
[シリーズ] 
[著者] 
東公平
[発行年] 
1996年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 熱闘!100番勝負


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved