2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■初段をめざす詰め将棋

< | No.0508 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 初段をめざす詰め将棋
初段をめざす詰め将棋
zoom
棋力がグングン上がる!
初段をめざす詰め将棋
[総合評価] C

難易度:★☆
 〜★★★★

見開き1〜2問
内容:(質)A〜B(量)C
レイアウト:A
解答の裏透け:B
解説:
S
 (練習問題はC)
初級〜有段者向き?

【監 修】 羽生善治
【出版社】 成美堂出版
発行:2004年2月 ISBN:4-415-02548-X
定価:924円(5%税込) 175ページ/19cm


【本の内容】
【詰将棋制作】 関口勝男 【本文解説執筆】 甲斐栄次 【イラスト】 国本雅之・小山規
詰将棋=計76問
序 章 詰め将棋で詰ませ方を知ろう!  
第1章 詰め将棋のルールと攻め方のポイント  
第2章 大駒の使い方を覚える詰め将棋 5問(3手詰〜11手詰)/練習問題=11問(3手詰〜13手詰)
第3章 金銀の使い方を覚える詰め将棋 5問(3手詰〜13手詰)/練習問題=7問(3手詰〜7手詰)
第4章 桂馬・香車の使い方を覚える詰め将棋 5問(3手詰〜13手詰)/練習問題=7問(7手詰〜13手詰)
第5章 歩の使い方を覚える詰め将棋 5問(7手詰〜15手詰)/練習問題=3問(5手詰〜11手詰)
第6章 囲いを破る詰め将棋 3問(3手詰〜9手詰)/練習問題=2問(5手詰)
  実力アップ!詰め将棋問題集 23問(3手詰〜17手詰)

◆内容紹介(成美堂出版HPより)
詰将棋に強くなると同時に本将棋にも役立つ決定版。駒別に約70問を掲載。羽生先生が強くなるポイントを伝授する。


【レビュー】
こども向けの詰将棋入門書。『羽生流で強くなる はじめての将棋』(2005)の姉妹本。(本書の方が“姉”)

全編フルカラー。ややパステル調の配色にしてあるので、見やすくて眼も疲れない。また、ほぼ全ての漢字にはルビが振ってあるので、小学1〜2年くらいから読める。

序章や第1章では、初心者が勘違いしやすい詰将棋のルールや詰め方の感覚がとても丁寧に解説されている。また、第2章〜第6章の解説も非常に詳しい。2手ごと(詰め方の手番)に図があるので、手を楽に追っていくことができる。各問の最後には「羽生のひとくちアドバイス」があり、問題のポイントや類似の手筋を解説。総合的な解説の質はトップクラスだ。

ただ、本書には致命的な欠陥が。どうみても初級者向きに作られたはずの本なのに、難度がどんどん上がっていく。3手詰は易しいが、11手や13手となると有段者でも相当てこずる。単なる並べ詰めで長いわけではなく、問題そのものの難度が高い。最後の方はマギレもかなり多く、見ただけで投げ出してしまいそう。表紙に「棋力がグングン上がる!」と書いてあるが、グングン上がっているのは難度の方。ほとんどの人はついていけないと思う。

また、練習問題の解説は2〜3行程度であまりにも貧弱。本編とのギャップが大きすぎて戸惑った。

本書の構成を使って、3〜7手くらいのやさしい詰将棋を扱ってくれれば、詰将棋入門書として最高クラスのものになっただろう。残念すぎる。(2005Aug04)



【関連書籍】

[ジャンル] 
詰将棋
[シリーズ] 
[著者] 
羽生善治 甲斐栄次
[発行年] 
2004年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 初段をめざす詰め将棋


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved