2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■次の一手「詰めと必死」

< | No.0507 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 次の一手「詰めと必死」
次の一手「詰めと必死」
zoom
実力養成100問(4)
次の一手「詰めと必死」
[総合評価] B

難易度:★★★

見開き一問一答
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
中級〜上級向き

【著 者】 森けい二
【出版社】 創元社
発行:1989年10月 ISBN:4-422-75024-0
定価:850円 204ページ/18cm


【本の内容】
・次の一手問題=100問

◆内容紹介
本書は実戦に即した終盤戦を題材にして、詰みのある局面と、必死をかける局面をとりあげた。


【レビュー】
最終盤の問題集。

即詰めに討ち取るか、必死をかけて勝つか、を問う問題が100題。一応「実戦・次の一手形式」だが、本書の場合は“次の一手”だけでなく、しっかり最後まで読み切る必要がある。必至をかけて簡単に勝ちだと思ったら、自玉が頓死することもあるので要注意。

「実戦次の一手形式」なので、もちろん不要駒もたくさんある。盤面を広く見渡して、急所を見つけ出すべし。ただ、自玉の状態が大きなヒントになっていて、基本的には「自玉が必至なら即詰み狙い、自玉が受けのない二手スキなら必至狙い」で良い。まれに渡した駒で詰まされることがあるので、必死筋が複数あるときは要注意。なお、「詰めろ逃れの詰めろ」のような逆転技はほとんど不要。

全体的に良質問題集だと思う。あと少し問題が多ければAにしたかった。(2005Aug03)



【関連書籍】

[ジャンル] 
必至問題集
[シリーズ] 
実力養成100問次の一手
[著者] 
森けい二
[発行年] 
1989年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 次の一手「詰めと必死」


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved