2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■コツコツ解いて棋力アップ 詰将棋1手・3手・5手400題

< | No.0745 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > コツコツ解いて棋力アップ 詰将棋1手・3手・5手400題
コツコツ解いて棋力アップ 詰将棋1手・3手・5手400題
zoom
コツコツ解いて棋力アップ
詰将棋1手・3手・5手400題
初心者から初段まで
[総合評価] A

難易度:★★

見開き4問
内容:(質)B(量)
S
レイアウト:A
解答の裏透け:A
解説:C
初級〜中級以上向き

【著 者】 森信雄
【出版社】 実業之日本社
発行:2008年8月 ISBN:978-4-408-45178-7
定価:900円(5%税込) 212ページ/18cm


【本の内容】
・詰将棋=400問+2問(双玉問題)

◆内容紹介
棋力アップはのコツは詰将棋。本書は
1手・3手・5手の問題を手数を隠して出題し、より実戦的な棋力が身につく構成になっています。終盤での逆転負けは一番悔しい負け方、逆に終盤での逆転勝ちは将棋の醍醐味です。問題を何度も反復練習して、あなたも勝ち組の仲間入りを!

※『
森信雄の勝ちにいく!詰将棋ドリル』(山海堂,2005)の改題改訂


【レビュー】
ドリル形式の詰将棋問題集。1手・3手・5手詰限定。

森信雄の勝ちにいく!詰将棋ドリル』(山海堂,2005)を改題改訂したもので、内容自体は99%同じ。版型が変更されたことで、異なる点がいくつかある。

形の似た3問が1セット、
(1手詰×2セット)+(3手詰×2セット)+(5手詰×1セット)で1グループというのは基本的に同じ。そのため、手数は隠されているがランダム性はあまりない。ただし、見開き6問だったのが本書では見開き4問になっているため、1セットがページの途中で変わるので、ちょっとランダムな感じはする。

また、オリジナル版では408問+おまけ3問だったが、本書では400問+おまけ2問となっており、計9問がカットされた。全問をもう一度解き直してみたが、すべての問題を照合したわけではないので、どの問題がカットされたかは分かりません。少なくともオリジナル版の最後の難問3問はなかったかと思う。

とにかく数を解くというコンセプトに加え、版型が小さくなってハンドバックにも楽々入るようになったので「空いた時間で、どこでも解く」というコンセプトも加わった。むしろオリジナル版よりも有用性が増したと思う。定価も安くなったし。

大会へ向かう電車の中や、ネット将棋でPCを起動させる待ち時間など、ちょっとした時間のウォーミングアップに最適。(2009Jan21)



【関連書籍】
 『
森信雄の勝ちにいく!詰将棋ドリル
 『
スイスイ解こう 詰将棋オール1手412題
 『
サクサク解こう 詰将棋1手・3手200題
[ジャンル] 
詰将棋
[シリーズ] 
[著者] 
森信雄
[発行年] 
2008年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > コツコツ解いて棋力アップ 詰将棋1手・3手・5手400題


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved