2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■格言に学ぶ手筋

< | No.0746 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 格言に学ぶ手筋

zoom
米長上達シリーズ(6)
格言に学ぶ手筋
[総合評価] C

難易度:★★★

見開き1問
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A(2色刷)
解答の裏透け:B
解説:B
読みやすさ:A
中級〜上級向き

Not found at Amazon.co.jp

【著 者】 米長邦雄
【出版社】 昭文社
発行:1988年1月 ISBN:4-398-23506-X
定価:553円 158ページ/15cm


【本の内容】
・収録格言=73 収録格言一覧
第一章 歩の格言(18問)
第二章 金・銀・桂・香の格言(14問)
第三章 玉・飛・角の格言(19問)
第四章 その他の格言(16問)

◆内容紹介(「はじめに」より抜粋)
今回は格言のうち、代表的なものを例題にして紹介しました。
(中略)格言を多く覚え、定跡から局面が離れても自力で、序盤の基礎、開戦の時期や方法、寄せの考え方、とどめの刺し方、粘り方や勝負手の放ち方等々、誤りなく選べる実力を早く勝ちとれるよう期待しています。


【レビュー】
次の一手形式の将棋格言集。

問題パートは、上段に格言と問題図の説明文(150字程度)、下段に次の一手の問題図。解答パートは、冒頭に正解の一手と格言、解説(160字程度)と解答図・参考図の2図面。1ページで解説が足りないようなやや難しい問題の場合は、3ページにわたって解説されているものもある。図面はバックグラウンドが薄いオレンジ色になっていて、見やすく調整されている。

問題図はすべて米長の実戦から取材したもの。「上達のために格言をマスターする」ということ自体が初段を目指す人の勉強法であるし、解説も初段前後を意識したレベルになっているが、トッププロの実戦なので、すっきり理解するには三段以上の力が必要かもしれない。「ちょっと難しいな」と思ったら、問題図の説明文だけでも繰り返し読むと良いだろう。

収録数がそんなに多くなく、問題図の難易度と対象棋力に少しズレがあるのでCとしたが、ポケットサイズなのは良い。将棋世界の付録と同じ大きさなので、上着のポケットになら入る。ちょっとした時間などに読むには最適だ。わたしは寝る前に布団の中で読んでました。気軽に読みたい一冊。(2009Jan25)



【関連書籍】

[ジャンル] 
格言
[シリーズ] 
米長上達シリーズ
[著者] 
米長邦雄
[発行年] 
1988年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 格言に学ぶ手筋


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved