2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■華麗なる将棋大技テクニック

< | No.0364 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 華麗なる将棋大技テクニック

zoom
森内優駿流 棋本ブックス
華麗なる将棋大技テクニック
【問題150】飛車角の大駒が盤上に舞う!
[総合評価] A

難易度:★★★☆

見開き2問
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解答の裏透け:B
解説:A
中級〜有段者向き

【著 者】 金子タカシ 【監 修】 森内俊之
【出版社】 主婦と生活社
発行:1999年8月 ISBN:4-391-12323-1
定価:950円 190ページ/19cm


【本の内容】
第1章 飛車の
大技テクニック
・基礎講座
 パターン別例題=6問
 (1)間の駒を攻める (2)飛車を攻める (3)間の駒を捌く─素抜き
 (4)間の駒を捌く─駒得 (5)ヒモをつける (6)その他(関連手筋)
・練習問題=100問
・森内八段実戦問題=1問
118p
第2章 角の
大技テクニック
・基礎講座
 パターン別例題=4問
 (1)両取りをかける (2)両取りを受ける (3)両取りを切り返す
 (4)その他(関連手筋)
・練習問題=50問
・森内八段実戦問題=1問
66p

・巻末に載っていた参考文献:
『ザ・飛車対飛車』(金子タカシ,将棋ジャーナル1986年8月号付録)
角と飛車の使い方の徹底的練習』(内藤国雄,日本文芸社)
谷川流攻めの手筋』(谷川浩司,有紀書房)
他…

◆内容紹介(裏表紙より抜粋)
“盤上全体を大駒が縦横無尽に駆け巡り大技をかける”“ズバッと飛車を素抜いて一気に勝勢”“泣く子も黙る王手飛車への切り返し技”……など、気持ちのいい大技のかけ合いは、初心者のみならず上級者でさえスカッとすること間違いなしです。本書で華麗なる大技を磨けば、ライバルとは一味違う将棋が指せます!!


【レビュー】
大駒の手筋に特化した次の一手問題集。

本書で扱われているのは、飛と角の手筋。中でも「飛と飛が向かい合い、間に駒が挟まっている状態での手筋」と「角を使っての両取り」にテーマが絞られており、相当マニアックな仕様になっている。とはいえ、これらの手筋は実戦でも頻繁に発生し、多くの場合は勝敗に直結するので、ぜひともマスターすべき。大駒の手筋は多くの手筋書で解説されているが、ここまで特化した本はあまり見たことがなく、非常に貴重な存在である。

第1章は飛車の大技問題。最初の方は、「飛と飛の間に角が挟まっていて、王手で角を捨てて飛を素抜く」というおなじみの手筋から始まり、だんだん難しくなっていく。わずかな違いで成否が変わることもあるので、単に形で覚えたりせず、よく読んで理解するように努めよう。定跡の一変化や有名な実戦からの出題が多いので、同一局面を他書で見かけることもあるはず。

第2章は角の大技問題。小技を駆使して両取りを実現する問題が多いが、角の両取りを“対称角”で受ける問題もある。覚えておいて常に意識しておくと良い。なお、この“対称角”という言葉はあまり他書では見かけないが、本書のオリジナルではない。(たまたま同時期に読んだ『内藤国雄の駒別 次の妙手』(1982)にも載っていた)

本書の手筋は非常に使用頻度が高く、特に居飛車vs振飛車では必須。中盤の力が大幅にアップするので、初段前後の方には特にオススメだ。

なお、シリーズ共通で盤面が見づらいが、本書の場合はあまり気にならなかった。(単に慣れてきただけ?)(2004Aug02)



【関連書籍】

[ジャンル] 
駒の手筋
[シリーズ] 
森内優駿流棋本ブックス
[著者] 
金子タカシ 森内俊之
[発行年] 
1999年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 華麗なる将棋大技テクニック


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved