2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■続 楽しい詰将棋入門 ─5手詰・7手詰

< | No.0483 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 続 楽しい詰将棋入門 ─5手詰・7手詰
続 楽しい詰将棋入門
zoom
MAN TO MAN BOOKS
続 楽しい詰将棋入門
─5手詰・7手詰
[総合評価] C

難易度:★★★

見開き1問
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解答の裏透け:B
解説:B
中級〜上級向き

Not found at Amazon.co.jp

【著 者】 米長邦雄
【出版社】 山海堂
発行:1976年12月 ISBN:
定価:680円 205ページ/18cm
(新装版)
続 楽しい詰将棋入門
MAN TO MAN BOOKS
続 楽しい詰将棋入門
─5手詰・7手詰
[総合評価] C

難易度:★★★

見開き1問
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解答の裏透け:B
解説:B
中級〜上級向き

【著 者】 米長邦雄
【出版社】 山海堂
発行:1986年12月 ISBN:4-381-00104-4
定価:874円 205ページ/18cm


【本の内容】
・詰将棋=計100問
第1章 五手詰=65問
第2章 七手詰=35問
・【おまけ】煙り詰(伊藤看寿作)=1p


【レビュー】
中級者向け詰将棋問題集。同シリーズの『一手・三手の詰将棋』『楽しい詰将棋入門』の続編。

『一手・三手〜』は天地逆で200問収録されていたり、『楽しい〜』は第1ヒント・第2ヒントを設けたりと、初級者向けに工夫が凝らされていたが、本書はいたってオーソドックス。特におまけ要素もないので、純粋に5手詰・7手詰を解きたい人向き。

どちらかといえば5手詰中心。ただし、前作『楽しい〜』に比べて、中空で詰ませる問題や打歩詰打開が多めで、少し難度が上がっている。

本シリーズは本書で完結。(2005May20)



【関連書籍】

[ジャンル] 
詰将棋
[シリーズ] マンツーマンブックス
[著者] 
米長邦雄
[発行年] 
1976年 1986年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 続 楽しい詰将棋入門 ─5手詰・7手詰


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved