2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■第53期将棋名人戦

< | No.0482 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 第53期将棋名人戦
第53期将棋名人戦
zoom
第53期将棋名人戦 [総合評価] D

難易度:★★★☆

図面:見開き1枚
内容:(質)A(量)C
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:B
中級以上向き

【編 者】 毎日新聞社
【出版社】 毎日新聞社
発行:1995年7月 ISBN:4-620-50473-4
定価:1,359円 186ページ/19cm


【本の内容】
【名人】羽生善治 (防衛) 【挑戦者】森下卓
 

先−後

戦型

観戦記

 
第1局 ○羽生−森下● 相矢倉▲3七銀 加古明光 23p
第2局 ●森下−羽生○ △向飛車穴熊▲臨機応変ミレニアム 米長邦雄 31p
第3局 ●羽生−森下○ 相矢倉▲3七銀 清水孝晏 23p
第4局 ●森下−羽生○ △2手目3二金▲四間飛車穴熊 甘竹潤二 29p
第5局 ○羽生−森下● △角換わり拒否、雁木 井口昭夫 33p

・「名人戦六十年」(加古明光)=30p
・盤側の記(加古明光)=各局1p×5
・歴代名人の顔=8p
・名人戦53期の全記録=2p
・第53期A級順位戦成績表=1p


【レビュー】
名人戦の観戦記。

名人戦の前の王将戦で七冠にチャレンジしたものの、谷川王将の執念に阻まれた羽生。とはいえ、絶好調は続いていた(なんとこの名人戦を含めて六冠をすべて防衛してしまう)。その羽生に挑むは、新A級の森下。前年の羽生に引き続き、2年連続で新A級が挑戦者となった。

森下は矢倉の大家だし、羽生も基本的には居飛車党なので「矢倉シリーズ」が予想されたが、ふたを開けてみれば5局中3局が変則的な戦いとなった。4局目羽生の「2手目△3二金」には驚いた方も多いはず。

矢倉になった1局目と3局目は森下の完勝だったが、1局目では縛り方を間違えて大逆転。この局面は『歩の玉手箱』(桐谷広人,MYCOM,1995/2003)に載っていたので印象に残っている。

個人的に面白かったのは第3局。序盤の羽生の小ミスを森下が見事に咎めた一局。玉の反対側に自陣桂を3枚も打った。特に評判が良かった局ではないが、森下にとっては会心の一局だったろう(森下はかなりの自陣桂好き)。森下の勝ちはこの一勝のみだったが、非常にわたし好みの将棋で気に入っている。

観戦記以外では、名人戦60周年ということで、「名人戦六十年」と題してこの60年を振り返る特集が組まれている。が、正直言って中途半端。特に大山以降はほとんど内容がなくて残念な出来。

なお、今期から四六版の簡素な作りになり、定価も大幅値下げされている(不景気を反映している?)。期の表示も漢数字からアラビア数字に。(2005May19)



【関連書籍】

[ジャンル] 
名人戦観戦記
[シリーズ] 
[著者] 
毎日新聞社
[発行年] 
1995年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 第53期将棋名人戦


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved