2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■楽しい詰将棋入門─3手詰・5手詰

< | No.0227 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 楽しい詰将棋入門─3手詰・5手詰

zoom
MAN TO MAN BOOKS
楽しい詰将棋入門
─3手詰・5手詰
[総合評価] B

難易度:★★

見開き1問
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:B
初級〜中級向き

【著 者】 米長邦雄
【出版社】 山海堂
発行:1993年8月(初出1976年) ISBN:4-381-00110-9
定価:874円 200ページ/18cm


【本の内容】
第1章 三手詰 24問 49p
第2章 五手詰 68問 137p
第3章 おもしろい詰将棋 8問 17p

第3章:銀千枚|三通りの持ち駒|古作の詰将棋|左右同型|堀半七|裸玉|のこぎり引き|煙詰め


【レビュー】
初級者向け詰将棋本。同シリーズの『一手・三手の詰将棋』とは違って、見開き一問一答タイプ(天地逆ではない)。

詰将棋じたいはよくある3手詰・5手詰(この手数で個性が出ている詰将棋集は『あっと驚く三手詰』(森信雄,講談社,2000)くらいだろう)。五手詰編はヒントが二段階になっていて、第1ヒントで分からないときに第2ヒントを見ると、難易度が下がるようになっている。もちろん力のある人はヒントなしで解けばいいだろう。ヒントを見る・見ないで調整すれば、7級くらいから初段くらいまで楽しめる。

構成は普通だが、超短手数詰将棋本としては解説が良い方だと思う。(2003Oct07)



【関連書籍】

[ジャンル] 
詰将棋
[シリーズ] マンツーマンブックス
[著者] 
米長邦雄
[発行年] 
1976年 1993年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 楽しい詰将棋入門─3手詰・5手詰


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved