2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■居飛車穴熊 3度将棋が強くなる

< | No.0454 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 居飛車穴熊 3度将棋が強くなる
居飛車穴熊 3度将棋が強くなる
zoom
中原誠の3度将棋が強くなるシリーズ
居飛車穴熊
〔3度〕将棋が強くなる
[総合評価] C

難易度:★★★

図面:見開き2枚
内容:(質)B(量)C
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
中級〜上級向き

【著 者】 中原誠
【出版社】 大泉書店
発行:1987年10月 ISBN:4-278-08119-7
定価:650円 216ページ/18cm


【本の内容】
・自在「居飛車穴熊」の勝ち方
▲居飛車穴熊
vs△四間飛車
(1)▲7八飛の玉頭攻め
(2)後手、銀の早繰り出し
(3)後手、石田流に変化
156p
△居飛車穴熊
vs▲中飛車
中飛車高美濃囲い 48p

・居飛車穴熊の『次の一手』=17問
・知っておきたい必勝手筋・100=次の一手問題(部分図)=100問


【レビュー】
居飛車穴熊戦法の解説書。

本シリーズでは、上段(2/3くらい)で戦法を解説し、節目の局面では次の一手問題が出題される。解答は三択で、出題ペースは約10ページに1問の割合。読者が考えるので読んでいて飽きにくく、急所の変化を理解しやすくなっている。また、下段(1/3くらい)では問題集で、今回は「実戦詰め手筋」。“詰将棋”ではないので、駒が余っても良い。

今回の戦法解説部は、実質的に実戦4局で、初手から投了までになっている。第1部は「△四間飛車vs▲居飛穴で、四間飛車の作戦をかわして居飛穴が勝ち切る」。また、第2部は「▲中飛車(+高美濃)のとき、居飛穴側の対応の違い」。

解説は丁寧で詳しいが、実戦解説4局のみというのはやっぱり少ない。第1部は居飛穴の堅さを生かした攻めと捌きなのでまずまずだが、第2部は先に薄くされてから勝ち切る感じなので、いわゆる穴熊の必勝パターン「堅い、攻めてる、切れない」からはほど遠い。題材としてはちょっとイマイチ。現代では居飛穴の組み方そのものが違うので、本書を無理して読む必要はないだろう。感覚を吸収したい人は、古くてもいいから実戦譜をたくさん並べたほうが良い。


なお、「3度将棋が強くなるシリーズ」は、本書を最後に全10冊で完結。前半は易しめで良質の定跡書が続いたが、後半の6冊はほとんど実戦解説のみになってしまったのが残念。本シリーズで採用された「三部構成」自体は、易しめの定跡書向けには最高レベルの出来だと思うので、ぜひ現代での復活採用を望みたい。(2005Feb24)



【関連書籍】

[ジャンル] 
四間飛車持久戦系
[シリーズ] 
3度将棋が強くなる
[著者] 
中原誠
[発行年] 
1987年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 居飛車穴熊 3度将棋が強くなる


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved