2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■必殺 美濃破り 3度将棋が強くなる

< | No.0449 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 必殺 美濃破り 3度将棋が強くなる
必殺 美濃破り 3度将棋が強くなる
zoom
中原誠の3度将棋が強くなるシリーズ
必殺
美濃破り
〔3度〕将棋が強くなる
[総合評価] C

難易度:★★☆

図面:見開き2枚
内容:(質)B(量)C
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
初級〜中級向き

【著 者】 中原誠
【出版社】 大泉書店
発行:1986年8月 ISBN:4-278-08116-2
定価:650円 216ページ/18cm


【本の内容】
・必殺美濃破り
美濃囲いの種類と攻め方 ・美濃囲いの種類
(片美濃/本美濃/高美濃)
・美濃囲いの攻め方
(片美濃の攻め方/本美濃の攻め方
/高美濃の攻め方/実戦美濃囲いの攻め方)
72p
中飛車片美濃破り ・ツノ銀中飛車vs棒銀戦法 52p
四間飛車本美濃端破り ・四間飛車vs▲左4六銀戦法 80p

・美濃破り「基本の攻め」と「次の一手」=25題+17問
・ヒラメキ一番 格言を生かす・100=次の一手問題(部分図)100問 
格言一覧


【レビュー】
美濃囲い崩しの解説書。

第1章は、基本的な美濃囲い崩しの手筋を解説。おなじみの「一段飛車から▲6二銀△同金▲7一銀」「▲6二香△7一金▲5三角」など横から攻める手筋、「▲9五歩〜▲8六桂」など端から攻める手筋、「▲5五角+▲7四桂」など斜めから攻める手筋etc.基本的な手筋は全て押さえられている。解説も懇切丁寧で、第1章だけなら美濃破りの手筋書としては百点満点の出来だ。

第2章・第3章では実戦での美濃破り。居飛車vs振飛車対抗形の実戦において、第1章の手筋がどのように使われるのかを解説。こちらの方はイマイチだ。解説は丁寧だが、わずか2局分と量が少ない。さらに7割以上は仕掛けや中盤のもみ合いの解説に充てられている。肝心の「美濃破り」の部分がほとんどない。

本シリーズ恒例の「下段の次の一手問題」は、前巻の『必殺 穴熊破り』に引き続き、今回も格言。こちらは本文よりもレベルが易しめだが、解説が淡白。変化は自分で考える必要がある。

もし全編が第1章の感じで埋め尽くされていれば、本書はA以上だったと思う。さらに下段の次の一手100問がすべて美濃崩し問題ならばさらに良かった。「途中から急に手抜きになった」感が漂う一冊。(2005Feb18)



【関連書籍】

[ジャンル] 
寄せの手筋
[シリーズ] 
3度将棋が強くなる
[著者] 
中原誠
[発行年] 
1986年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 必殺 美濃破り 3度将棋が強くなる


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved