2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■四間飛車 3度将棋が強くなる

< | No.0422 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 四間飛車 3度将棋が強くなる
四間飛車 3度将棋が強くなる
zoom
中原誠の3度将棋が強くなるシリーズ
四間飛車
〔3度〕将棋が強くなる
[総合評価] B

難易度:★★★

図面:見開き2枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
中級〜上級向き

【著 者】 中原誠
【出版社】 大泉書店
発行:1984年4月 ISBN:4-278-08110-3
定価:650円 216ページ/18cm


【本の内容】
・四間飛車を破る攻略法
▲3五歩早仕掛け戦法 四間飛車の認識/△4一飛に対する指し方
/△5四角に対する指し方/△6五歩に対する指し方
54p
▲9七角戦法 △5四歩型に▲3五歩の早仕掛け
/△4五歩に対する指し方/△4二金に対する指し方
56p
棒銀戦法 △2二角に対する指し方/△5一角に対する指し方
/角交換型に対する指し方/△3二金型に対する指し方
88p

・四間飛車戦の『次の一手』=20問
・知っておきたい必勝手筋・100=次の一手問題(部分図)=100問


【レビュー】
「△四間飛車3二銀型vs▲5七銀左急戦」の定跡書。

「中原誠の3度将棋が強くなるシリーズ」は、独特の構成が特徴。上段(2/3くらい)で定跡を解説し、節目の局面では次の一手問題が出題される。解答は三択で、出題ペースは約10ページに1問の割合。読者が考えるので読んでいて飽きにくく、急所の変化を理解しやすくなっている。また、下段(1/3くらい)では部分図による次の一手問題を出題。上段の解説部とは直接関係ないが、基本的な手筋問題が多く、有段者を目指す人には絶好のトレーニングとなる。基本図

本書の基本図は右図。▲5七銀左急戦に対して、△四間飛車が3二銀型で待機している。ここで△6四歩なら▲3五歩早仕掛け△5四歩なら▲9七角戦法、そしてどちらでも使えるのが棒銀戦法というわけだ。すなわち、「山田定跡の表と裏、そして棒銀」。

解説は本筋に絞ってあり、丁寧で分かりやすい。次の一手も効果的に使われているので、特に山田定跡をマスターするにはちょうど良いと思う。ただ、棒銀のほうは難しい局面で解説が打ち切られているし、後半は単なる実戦解説なので、棒銀をマスターしたい人は他書を探したほうが良いだろう。

わたしの経験から言えば、対四間飛車戦で右図になるのが2割くらい、そしてそのほとんどが△1二香としてくる。つまり本書の内容は、現代では「絵に描いた餅」に近いのだが、基本知識として知っておく必要はある。最近は山田定跡をやさしく書いた本が少ないので、本書を一読しておくのも悪くない。(2004Dec23)



【関連書籍】

[ジャンル] 
四間飛車vs居飛車急戦
[シリーズ] 
3度将棋が強くなる
[著者] 
中原誠
[発行年] 
1984年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 四間飛車 3度将棋が強くなる


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved