2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■アマの将棋 ここが悪い!(5) 居飛車穴熊戦法

< | No.0421 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > アマの将棋 ここが悪い!(5) 居飛車穴熊戦法

zoom
アマの将棋 ここが悪い!(5)
居飛車穴熊戦法
[総合評価] C

難易度:★★★★

見開き1問
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解答の裏透け:B
解説:B
上級〜有段者向き

【著 者】 田中寅彦
【出版社】 創元社
発行:2001年9月 ISBN:4-422-75045-3
定価:1,000円 206ページ/19cm


【本の内容】
第1章 序・中盤編=30問
第2章 終盤編=29問

◆内容紹介
万全の守りと痛快な攻め、居飛車穴熊には独特の技術と感覚が必要。序盤から終盤までの問題点を洗い出し、アマチュアがおかしやすい失敗と、実戦的な最善手を学ぶ。


【レビュー】
居飛車穴熊の次の一手問題集。

問題1つに対し、アマがやりそうな「失敗手」を1〜2つ解説し、そのあとに「正解手」を解説するスタイルはシリーズ共通。解説文は次の一手問題集としてはかなり充実している。

ただ、このシリーズとしては異様に難度が高い。わたしは2巻→3巻→1巻→4巻と取り組んできたが、この5巻は半分も正解できなかった。「わたしに居飛穴感覚がないだけか…?」と思ったが、まえがきにちゃんと書いてありました。「題材はプロの実戦から取り、実戦を指しているように次の一手を考え、…」…難しいわけだ(>_<。)

従来このシリーズは、初段を目指すレベルの人にターゲットを絞り、3手の読みがしっかりできればクリアできた。多くても7手先がきちんと読めればよかったと思う。しかし本書は、9手先・11手先くらいまで読み、しかも相手が最善を尽くせばほぼ互角、という局面が多い。

これまでの四巻とは、ちょっと乖離が大きいと思う。居飛穴党の24有段者ならまずまず使えるのかな…。(2004Dec19)



【関連書籍】

[ジャンル] 
次の一手問題集
[シリーズ] 
アマの将棋ここが悪い!シリーズ
[著者] 
田中寅彦
[発行年] 
2001年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > アマの将棋 ここが悪い!(5) 居飛車穴熊戦法


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved