2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■谷川流勝つ手の発見

< | No.0252 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 谷川流勝つ手の発見

zoom
谷川浩司の将棋新研究(3)
谷川流勝つ手の発見
形勢逆転の仮定法
[総合評価] A

難易度:★★★★

図面:見開き3〜4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:B
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き

【著 者】 谷川浩司
【出版社】 池田書店
発行:1983年12月 ISBN:4-262-10303-X
定価:750円 248ページ/18cm


【本の内容】
基本的な考え方 (1)形勢判断
(2)大局観の相違
(3)簡単な形勢判断法
18p
実戦から学ぶ ・序盤(実戦解説=7局)
・中盤(実戦解説=8局)
・終盤(実戦解説=8局)
175p
[付録]本書解説に使った実戦全棋譜集(25局) 43p


【レビュー】
実戦を題材に、形勢判断と大局観を解説した本。

シリーズ1,2冊目と使ってきた“谷川流形勢判断法”に基づいて、実戦を詳しく解説している。参考棋譜もばっちり収録されており、簡単な解説もついている。ちょうど『谷川浩司の戦いの絶対感覚』と似たような構成。プロの読みと大局観を披露しているのでなかなか難しいが、各テーマの冒頭で形勢判断をしている分、本書の方が分かりやすい。ちなみに、題材の全てが谷川の実戦だというわけではない。

サブタイトルに「形勢逆転の仮定法」と書いてあるので、逆転術の本のように思えるのだが。実際には中盤編と終盤編のいくつかに、形勢が悪いときの考え方を解説してあるくらいで、逆転術メインの本ではないのでご注意を。

なお、本書では“第2の形勢判断法”として「働いている駒の数を数える」というのも提案されているが、実戦解説では採用されていない。まだ提案段階だったか?(2003Dec23)



【関連書籍】

[ジャンル] 
大局観・形勢判断
[シリーズ] 
谷川浩司の将棋新研究
[著者] 
谷川浩司
[発行年] 
1983年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 谷川流勝つ手の発見


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved