2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■谷川浩司の実戦将棋道場 <入門編> 強腕!穴熊戦

< | No.0964 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 谷川浩司の実戦将棋道場 <入門編> 強腕!穴熊戦
谷川浩司の実戦将棋道場 <入門編>
zoom
シミュレーション将棋ブックス
王位と誌上対戦!
谷川浩司の実戦将棋道場 <入門編>
強腕!穴熊戦
キミは谷川王位に勝てるか!
[総合評価] B

難易度:★★
  〜★★★

見開き1〜2問
(ゲームブック形式)
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A(2色刷)
解答の裏透け:なし
解説:B
読みやすさ:A
初級〜上級向き

【監修】 谷川浩司 【構成・文】 湯川博士
【出版社】 学習研究社
発行:1988年2月 ISBN:4-05-102694-9
定価:680円 272ページ/15cm


【本の内容】
・将棋のルール=18p
・プロローグ=4p
・将棋性格診断の判定=2p
・谷川浩司王位(の紹介)=1p
・実戦将棋道場(本編)=234p
・さくいん(初めてのキミへ/攻めについて/守りについて/将棋用語)=3p
・特製キーホルダー応募カード=1p
・【ウンチクコーナー】(1)向かい飛車戦法 (2)居飛車と振り飛車の違い (3)向かい飛車・恐怖の奇襲戦法 (4)穴熊三つの法則を守ろう (5)両取りにひっかかるな! (6)振り飛車に対抗する左美濃 (7)大駒サバキは駒得より重要 (8)数の攻めは単純で一番怖い (9)大駒の働きを止めて勝とう (10)底歩、タタキの歩 (11)夜も眠れぬ二枚飛車

◆内容紹介
将棋が大好きなキミは、毎日のように友達と指すが、いつも勝ってしまう。もっと強い人と指して、自分の腕を試したいと思っていた時、あの天才といわれる谷川浩司王位と対局できるチャンスが!! キミは得意な穴熊戦法で王位に挑戦する。さあ、キミの実力を十分発揮して、王位と勝負しよう!


【レビュー】
ゲームブック形式の次の一手問題集。

ゲームブックとは、読者の展開によって展開と結果が変化する本である(ゲームブック−Wikipedia)。選択式アドベンチャーゲームと似た性質を持つ。

本書は、次の一手を選択肢として、一局の将棋の様々な展開を楽しむことができるゲームブックである。将棋本でのゲームブックは珍しく、わたしが知る限りでは本書を含め「谷川浩司の実戦将棋道場」シリーズ3冊しかない。

●ストーリー:
ほぼ「学級名人」レベルの読者が、谷川浩司王位(当時)と指導対局を指してもらえる機会を得て、平手で挑戦する。上手はもちろんガチンコではなく、下手の棋力を試すような指し方をする。下手は向飛車穴熊を選択、上手の速攻棒銀に対し、袖飛車から玉頭攻めを敢行する。キミは谷川王位に勝つことができるか?


一応「入門編」ということで、最初に駒の動かし方や基本ルールから書かれている。選択肢を追っていけば読めるので、棋譜さえ追えるなら入門者や初心者でも読んでいくことは可能。ただ、内容を理解できるのは中級〜初段くらいの棋力は必要だと思う。

また、全ての漢字にルビが振ってあるわけではないので、対象年齢はだいたい小4〜小5以上になるだろう。

分岐は下図のようになっている。各分岐で二択。なお、指し手を全部書いてしまうとネタバレになるので割愛した。選択肢の順番(どちらの選択肢を上に書くか)は適当に散らしてある。



図にあるように、結末によって棋力判定が変化する。勝つことができた場合は初段認定。負けた場合(バッドエンド)でも、展開によって1級〜6級の棋力判定が得られる。序中盤で不利になった場合は棋力判定が難しいので、分岐まで戻るようになっている。

一局の中で何度も選択を迫られるような「実戦感覚」で読んでいけるのが魅力。また、定跡書とは違って、上手は詰まなくても頓死を狙ってくるので、正確な読みも鍛えられる。いろいろな勝ち方、負かされ方を体験できるのも良い。

このスタイルの分岐型ゲームは、すべての選択肢を見たくなるのが常。そのため、自然とつまずいた箇所を何度も読むことができる。場合によっては、前回と同じ失敗をすることもあるが、「またやっちまった!」と悔しい思いをすれば、次こそは正解を選ぶことができるはず。

このように、無意識のうちに感想戦・検討を繰り返せるようになっているのである。すべてのページをコンプリートする頃には、あなたは香一枚くらい強くなっているだろう(ただし本書では振り穴党限定)。

妙に新鮮な感覚を味わえる一冊だった。(2011Nov19)

※裏表紙折り返しについている「応募券」を3枚(=シリーズ3冊分)を集めて送ると、応募者全員に将棋駒キーホルダーがもらえた(どの駒かは選べない)。もちろん、現在は応募は受け付けていない……はず。

※誤字・誤植等:
p77 ×「玉位は同玉を選んだ」 ○「王位は同玉を選んだ」
p136図A ▲3九金が抜けている
p165図B ×▲1五玉 ○▲2五玉

・「ウンチクコーナー」の(1)で「振り飛車のときは必ず美濃囲いにする」と書いているのに、本編ではなぜか振り飛車穴熊を採用。



【関連書籍】

[ジャンル] 
次の一手問題集(定跡習得系)
[シリーズ] 
谷川浩司の実戦将棋道場
[著者] 
谷川浩司 湯川博士
[発行年] 
1988年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 谷川浩司の実戦将棋道場 <入門編> 強腕!穴熊戦


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved