2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■実戦振飛車次の一手

< | No.0813 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 実戦振飛車次の一手
実戦振飛車次の一手
zoom
ミニミニブックシリーズ
将棋教室(3)
実戦振飛車次の一手
[総合評価] C

難易度:★★★☆
 〜★★★★

見開き1問
内容:(質)B(量)C
レイアウト:A
解答の裏透け:B
解説:A
上級〜有段者向き

Not found at Amazon.co.jp

【著 者】 米長邦雄
【出版社】 昭文社
発行:1978年12月 0376-620003-3093
定価:350円 122ページ/13cm


【本の内容】
第1章 昭和三十年代から四十年代の実戦譜(問題1〜18)
第2章 昭和五十年代の実戦譜(問題19〜57)

◆内容紹介(はしがきより抜粋)
次の一手「居飛車編」に続く「振飛車編」です。本書の問題も総て私の実戦に現れたもので、解けるとプロの八段という難問もありますが、大体5級くらいの力があれば読みこなせるように努力しました。


【レビュー】
実戦次の一手問題集。同シリーズ(2)『実戦居飛車次の一手』の姉妹本。

本書の次の一手問題も、やはりすべて米長の実戦から。基本的にすべて居飛車vs振飛車の対抗形。米長は居飛車党のイメージが強いが、若い頃は振飛車専門だったので(p9参照。私は知りませんでした。勉強不足です、すみません)、米長が振飛車側を持っている問題も結構多い。

実戦居飛車次の一手』とかぶる点については割愛して、違う点について。今回の判定棋力もおおむね5級〜四段までさまざまだが、「3分でプロ八段」(問題4,9)「3分で五段」(問題40)の難問も一部ある。全体的な難易度も少し高い感じがした。ただし解説は結構詳しく、考え方や判断の根拠が書いてあるので、初段くらいあれば読み進めることができると思う。(2010Feb04)

※誤植(初版で確認):
p48解答図 8五桂の向きが逆


【他の方のレビュー】(外部リンク)
まだ見つかっていません。




【関連書籍】

[ジャンル] 
次の一手問題集(実力養成系)
[シリーズ] 
米長八段の将棋教室
[著者] 
米長邦雄
[発行年] 
1978年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 実戦振飛車次の一手


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved