2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■手数将棋

< | No.1030 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 手数将棋
手数将棋
zoom
手数将棋 [総合評価] 

【著 者】 関根金次郎
【出版社】 青空文庫
発行:2012年10月 ISBN:----------
定価:0円 23kB,Kindle用電子書籍


【本の内容】
本文=約1800字(500字/頁で4p)

〔出典〕
1940-02 棋道半世紀,博文館
1991-10
日本の名随筆 別巻8 将棋,作品社


【レビュー】
十三世名人・関根金次郎による変則将棋を紹介したコラム。Kindle用電子書籍として無料配布されており、Kindle端末や、KindleアプリをDLしたiPhone、Android、iPadで読むことができる。

 関根金次郎 − Wikipedia

関根は、名人を実力制に移行することを決断した人物として知られる。1946年3月没で、現在はすべての作品の著作権が切れており、本コラムは青空文庫としてKindle用電子書籍で無料公開されている。

本コラムは、変則将棋の一種である「手数将棋」について。手数将棋とは、「決められた手数内に詰めなければ負け」というルールで、強い方が追うハンディである。

本コラムによれば、手数将棋には独特の味があって、普通の将棋は弱くても、手数将棋の名手がいるとのこと。余興としては面白いが、やりすぎると普通の将棋が弱くなるので注意すべし。(2013Feb27)



【関連書籍】

[ジャンル] 
エッセイ
[シリーズ] 
[著者] 
関根金次郎
[発行年] 
2012年(Kindle化)

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 手数将棋


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved