2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■下手の横好き−将棋いろいろ−

< | No.1029 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 下手の横好き−将棋いろいろ−
下手の横好き−将棋いろいろ−
zoom
下手の横好き
−将棋いろいろ−
[総合評価] 

【著 者】 南部修太郎
【出版社】 青空文庫
発行:2012年10月 ISBN:----------
定価:0円 30KB,Kindle用電子書籍


【本の内容】
(1)町内の好敵手
(2)痛まし専門棋士
(3)老齢と棋力

本文=約2500字(500字/頁で6p)

〔出典〕
1935-12 ホーム・ライフ 昭和十年十二月號,大阪毎日新聞社


【レビュー】
小説家・南部修太郎による、将棋についてのコラム。Kindle用電子書籍として無料配布されており、Kindle端末や、KindleアプリをDLしたiPhone、Android、iPadで読むことができる。

 南部修太郎 − Wikipedia

南部は病弱で、43歳で死去。1936年6月没で、現在はすべての作品の著作権が切れており、本コラムは青空文庫としてKindle用電子書籍で無料公開されている。

本コラムは、死去の約半年前に発表されたもので、下記の3編からなる。

(1)町内の好敵手
著者の5〜6年の将棋のライバルについて。著者は名人決定戦の観戦記を書いたことがあり、また萩原淳七段の弟子になったこともあり、当時のアマとしては高い棋力を持つ。最後の2行(ライバルの一方だけが強くなってしまったら…)にはとても共感できる。

(2)痛まし専門棋士
高段戦(金vs花田、大崎vs木見)を観戦して、プロの戦いの厳しさを痛感。

(3)老齢と棋力
名人の実力制移行について。加齢による棋力低下を認めた上で、実力制を歓迎するとともに、棋力が衰えた功労者へのフォローの必要性を主張した。


漢字は旧字体で、歴史的仮名遣いでもあるため、ルビは振ってあってもかなり読みづらい。Kindleデビューの一冊目としてはオススメできないので、慣れてから読むべし。(2013Feb25)



【関連書籍】

[ジャンル] 
エッセイ
[シリーズ] 
[著者] 南部修太郎
[発行年] 
2012年(Kindle化)

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 下手の横好き−将棋いろいろ−


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved