2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■将棋 必勝の格言

< | No.0292 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋 必勝の格言
将棋 必勝の格言
将棋上達の最短コース
[総合評価] A

難易度:★★☆

図面:見開き2〜3枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:B
解説:A
読みやすさ:A
初級〜中級向き

【著 者】 原田泰夫
【出版社】 昭文社
発行:1959年  
定価:320円 243ページ/19cm
(新装版)

将棋タウンさんthx!
将棋 必勝の格言
将棋上達の最短コース
[総合評価] A

難易度:★★☆

図面:見開き2〜3枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:B
解説:A
読みやすさ:A
初級〜中級向き

Not found at Amazon.co.jp

【著 者】 原田泰夫
【出版社】 梧桐書院
発行:1971年4月 0076-570332-2368
定価:320円 243ページ/19cm


【本の内容】
収録格言数=35 掲載格言一覧

【コラム】読み/恐れ/縁起/関根名人の想い出/持ち時間/棋士の服装/記録係/対局の礼儀/観戦者の常識/大山名人の二歩/棋士志望の方へ


【レビュー】
将棋格言集。週刊朝日誌に連載された「将棋格言の手引」を補足改訂し、まとめたもの。

まず、駒関連の格言を解説し、次に一般的な格言を解説している。駒の格言は、玉→飛→角→金→銀→桂→香→歩と駒の価値の高い順に並んでいる。

原田泰夫は「将棋格言の生みの親」。わたしがイチ押しにしている『将棋格言豆事典』(浦野真彦,1999)も本書の格言や構成をかなり参考にしていると思われる。『豆事典』によれば、昭和24年(1949)に原田による最初の格言本が出ているらしいが、書名や所在は詳細不明。国会図書館にさえも、それらしい文献は見つからず。というわけで、原田格言は本書で読むのが定跡となる。

まえがきによれば、著者は次の5つに留意したそうだ。
 (1)目標は10級から5級程度まで
 (2)指し手と手順の理由を明確に
 (3)解説はくどくならないように
 (4)有利、良し、勝勢まで進める
 (5)実戦に現れやすい題材を選ぶ
これらのおかげで、非常に読みやすく、分かりやすく、的を射た解説になっている。とても45年も前の本とは思えない。

本書に登場する格言はとてもオーソドックスで良質なものが厳選されていると感じる。中には題材が古くてピンと来ないものもあるが、それでも9割以上の格言は現在でも使えると思う。近年流行している藤井システムや横歩取り8五飛戦法などの新感覚戦法では、従来の格言が当てはまらない場合も多い。しかし、級位者の方はまず、本書のような“基本格言”をしっかり覚えた方が上達は早いと思う。

唯一気になったのは、「ですます調」と「である調」が混在し、文体が統一されていないことぐらい。気にするほどのことじゃないか(^-^; (2004Feb16)



【関連書籍】

[ジャンル] 
格言
[シリーズ] 
[著者] 
原田泰夫
[発行年] 
1959年 1971年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋 必勝の格言


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved