2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■さわやかな詰将棋105

< | No.0343 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > さわやかな詰将棋105

zoom
さわやかな詰将棋105
楽しみながら強くなる
[総合評価] B

難易度:★★★★☆

見開き1問
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解答の裏透け:B
解説:B
有段者or詰キスト向き

【著 者】 岡田敏 【編 者】 週刊将棋
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:1994年5月 ISBN:4-89563-599-6
定価:951円 223ページ/18cm


【本の内容】
詰将棋105問
初級者向き45問(5〜11手) 91p
中級者向き32問(13〜15手) 65p
上級者向き23問(17〜25手) 47p
付局5問(感謝の気持ちのあぶり出し) 11p

・【コラム】詰将棋と経営学/手品のような詰将棋/詰め心地の良い詰将棋/あぶり出しの世界

◆内容紹介
清涼詰めとは詰め上がりの攻め駒が二枚だけの詰将棋。あぶり出しとは詰め上がりが文字や絵になる詰将棋。本書は清涼詰め100問とあぶり出し5問を集めまし た。


【レビュー】
清涼詰めにこだわった詰将棋作品集。

清涼詰めとは、「詰め上がり時に、攻め方の駒が二枚だけ」になる詰将棋のこと。玉方の駒は何枚あっても構わない。詰め上がりが3枚になる煙詰めは、清涼詰めの一種である。

「詰め上がりが攻め方二枚」ということが大きなヒントになっているが、詰将棋作品集なので問題は結構難しい。作品系の詰将棋独特の手筋がポンポン飛び出すので、短手数問題でも指し将棋派にはちょっとしんどい。目次の「初級」「中級」は詰キストとしての難易度だと思う。ホントの初級者はヤケド間違いなしなのでご注意を。わたしは最初の数問でいきなり挫折し、あとは鑑賞しただけでした(汗)。

攻め方の駒が二枚になるとはいえ玉方の駒はたくさん残るので、個人的にはあまり爽やかな感じはしなかった。ただ、テーマとしては非常に面白いと思う。(2004Jun15)



【関連書籍】

[ジャンル] 
詰将棋(作品集)
[シリーズ] 
[著者] 
岡田敏
[発行年] 
1994年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > さわやかな詰将棋105


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved