2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■現代矢倉の基礎知識(上)

< | No.0069 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 現代矢倉の基礎知識(上)

zoom
将棋の定跡(1)
現代矢倉の基礎知識(上)
[総合評価] B

難易度:★★★★☆

図面:見開き4枚(右1左3)
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
読みやすさ:B
有段向き

【著 者】 中村修 【編 者】 週刊将棋
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:1994年3月 ISBN:4-89563-591-0
定価:1,165円 217ページ/19cm


【本の内容】
・3七銀戦法=152p
・3七銀早上がり=60p

◆内容紹介
序盤研究が進んで一手たりともおろそかにできない矢倉戦。知らなきゃ勝てない現代矢倉。攻撃力に富む3七銀戦法のすべてを中村修・元王将がわかりやすく示す。図面も豊富に、戦型別にあらゆる変化に即して解説。上巻。


【レビュー】
相矢倉▲3七銀戦法の定跡本。タイトルに“基礎知識”とあるが、かなり専門的な定跡書。
図面は豊富だが、読みこなすには有段者の読みと形勢判断が必要だと思う。

第1章では、先手が玉を囲ってから▲3七銀と上がる戦法(左下図)がテーマ。本書では、先手の狙いである「4六銀-3七桂型」を後手が阻止する指し方をメインに解説してある。

第2章では、先手が玉を囲わずに▲3七銀を急ぐ指し方(右下図)がテーマ。互いに玉が薄いため、激しい戦いになりやすい。

矢倉の定跡の進歩は速く、現代では左下図からの▲4六銀-3七桂型を阻止するのは難しいという見解が主流。しかし、新手が出て見直される可能性もあるし、定跡の進化をたどるのも良いと思う。(2002July10)

(1)3七銀戦法
3七銀戦法
 (2)3七銀早上がり
 3七銀早上がり



【関連書籍】

[ジャンル] 
矢倉
[シリーズ] 
将棋の定跡
[著者] 
中村修 週刊将棋
[発行年] 
1994年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 現代矢倉の基礎知識(上)


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved