2.6KB

<< 直前のページへ戻る

大覇道伝説

< | No.0157 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 大覇道伝説
表紙:12.3KB
zoom
秘法巻之参
大覇道伝説
[総合評価] C

難易度:★★★★

図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)A
レイアウト:A
解説:B
上級〜有段向き

【編 者】 週刊将棋
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:1991年9月 ISBN:4-89563-554-6
定価:971円 215ページ/19cm


【本の内容】
第1章 対抗形の覇道・居飛車編 43テーマ 87p
第2章 対抗形の覇道・振飛車編 46テーマ 93p
第3章 相居飛車の覇道 11テーマ 23p

特別講義=6p

s◆内容紹介(まえがきより)
『覇道』は盤外戦術をもてあそぶ『邪道』ではない。あくまでも確かな盤上技術の上に、不屈の闘志で勝利を得んとする心、それを『覇道』というのである。


【レビュー】
「伝説シリーズ」全5巻のうちで唯一、タイトルから中身が推測できない(笑)。前書きに「一気につぶされそうな不安な局面、攻めるか受けるか迷う局面、駒損が必至の局面など、ピンチを切り抜けていくためのテクニックを100パターンの実戦形で解説してある」と書いてあるので、ジャンルは「勝負手・逆転術」になるが、どちらかといえば「中盤戦を指しこなす本」といった感じか。

テーマ図は「苦しい局面をなんとか希望のある局面に持っていく」というのではなく、「一見苦しそうだが、正確に指せば良くなる局面を見逃さない」というスタンスが強い。ただ、次の一手問題のように正解を指せばハッキリ良くなるわけではなく、定跡の先の難所をいかに乗り切っていくか、という感じである。

内容は濃いと思うが、読んでるうちにしんどくなって途中でやめてしまった。わたしの大局観が悪いのかもしれないが、どうも形勢判断が合わないのだ。この本は人によってかなり評価が分かれると思う。中盤に苦手意識がある人にはかなり役立つだろう。(2003Apr13)



【関連書籍】

[ジャンル] 
勝負手・逆転術
[シリーズ] 
秘法シリーズ
[著者] 
週刊将棋
[発行年] 
1991年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 大覇道伝説


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved