2.6KB

<< 直前のページへ戻る

突撃将棋十二番

< | No.0156 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 突撃将棋十二番
表紙:7.7KB
zoom
突撃将棋十二番 [総合評価] D

難易度:★★★

図面:見開き2〜3枚
内容:(質)B(量)C
レイアウト:B
解説:B
中級〜有段向き

【著 者】 安部譲二
【出版社】 日本将棋連盟
発行:1992年7月 ISBN:4-8197-0060-X
定価:1,942円 237ページ/20cm/H.C.


【本の内容】
第1番 ●vs米長邦雄九段 20p
第2番 ●vs谷川浩司名人 18p
第3番 ●vs大内延介九段 18p
第4番 ●vs田中寅彦八段 16p
第5番 ●vs塚田泰明八段 18p
第6番 ○vs大山康晴十五世名人 16p
第7番 ●vs青野照市八段 18p
第8番 ○vs二上達也九段 16p
第9番 △vs真部一男八段 16p
第10番 ●vs森 奚隹二九段 16p
第11番 ●vs中原誠名人 16p
第12番 △vs羽生善治竜王 19p
二枚落ち定跡「二歩突っ切り」のポイント(田丸昇) 12p
【あとがき】将棋、将棋、そして将棋(安部譲二) 12p


【レビュー】
二枚落ちの個人実戦集。「将棋マガジン」に連載された「負けても懲りない12番」をまとめたもの。本文・対局は安部譲二氏、解説は田丸昇八段。安部氏はベストセラー『塀の中の懲りない面々』で知られる。

石垣流二枚落大血戦』の石垣氏はアマ四段(三段半?)の棋力で「銀多伝」を連採した。一方、安部氏は初段半くらいの棋力ながら、ややマギレの多い「二歩突っ切り」で通した(第7番の青野戦は「上手△5五歩止め」)。2勝8敗2分の成績は仕方ないところ…なのだが、いかんせん棋譜の見どころが少ない。山口瞳氏のような"暴発"ではなく、ハッキリ棋力不足だろう(第12番終了後に三段の免状をもらっているが…)。あまり筋も良ろしくない。

一局ごとに少しずつ成長する姿と、極度に「上手△5五歩止め」を恐れる心理はなかなか面白かった。二枚落ちに苦しむ下手が本書を反面教師とするか、上手が下手の心理を研究するといった場合には、それなりに役立つと思う。(2003Apr12)



【関連書籍】

[ジャンル] 
実戦集(駒落ち)
[シリーズ] 
[著者] 
安部譲二
[発行年] 
1992年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 突撃将棋十二番


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved