2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■ジュニア詰め将棋

< | No.0338 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > ジュニア詰め将棋
(ポケット版)
ジュニア詰め将棋(ポケット版)
zoom
将棋タウンさんthx!
王将ブックス ポケット版
─特殊戦法シリーズW
ジュニア詰め将棋
[総合評価] B

難易度:★★☆

見開き1 問
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解答の裏透け:B
解説:A
初級〜向き

【著 者】 佐藤大五郎
【出版社】 北辰堂
発行:1979年6月 ISBN:4-89287-064-1
定価:380円 158ページ/19cm
(DELUXE版)

zoom
王将ブックス DELUXE版
E 特殊戦法シリーズ(4)
八段 佐藤大五郎の
ジュニア詰め将棋
[総合評価] B

難易度:★★☆

見開き1 問
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解答の裏透け:B
解説:A
初級〜向き

【著 者】 佐藤大五郎
【出版社】 北辰堂
発行:1989年7月 ISBN:4-89287-069-2
定価:800円 158ページ/19cm


【本の内容】
詰将棋 全76問
・5手詰=6問
・7手詰=70問


【レビュー】
5手詰・7手詰の詰将棋本。全体の9割が7手詰なので、実質は「7手詰の詰将棋本」だ。

7手詰には独特のテンポがある。「捨てて・キメる・捨てて・詰ます」。これは3手詰や5手詰では味わえない心地よさだ。もちろんこれに該当しない7手詰はたくさんあるが、基本的にはこのテンポの良さが7手詰の魅力だとわたしは思っている。

本書では、その7手詰の心地良さが存分に現れている。全体的に盤上の駒数は少なめで(最大でも12枚くらい)、手を絞りやすい。詰め上がりも密着型で実戦的なものが多く、合い利かずや両王手のようなハッとするものは少なめ。難易度は7手詰としては少し易しめなので、「5手詰がちょうどいいくらい」という方でもきっと解けると思う。『5手詰ハンドブック』(2004)が好きな人は、本書もきっと気に入ると思う。(著者は違うけど)

問題数がちょっと少ないのが難点だが、値段も安いし悪くないと思う。指し将棋派の方には特にオススメだ。詰将棋派にはちょっと物足りないかも。

それにしても、なぜこの本が“特殊戦法シリーズ”なんだろう…。あと、なにが“ジュニア”なんだろう?(2004May29)



【関連書籍】

[ジャンル] 
詰将棋
[シリーズ] 
王将ブックス
[著者] 
佐藤大五郎
[発行年] 
1989年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > ジュニア詰め将棋


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved