2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■飛車落ち必勝法

< | No.0512 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 飛車落ち必勝法
飛車落ち必勝法
zoom
王将ブックス DELUXE版
―駒落ちシリーズ(3)
飛車落ち必勝法
[総合評価] B

難易度:★★★☆

図面:見開き2枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き

【著 者】 佐藤庄平
【出版社】 北辰堂
発行:1988年3月 ISBN:4-89287-053-6
定価:800円 158ページ/19cm


【本の内容】
第1章 下手4五歩早仕掛け (1)上手3二金型
(2)上手3三桂型
36p
第2章 上手3三銀戦法 (1)上手5三銀の変化
(2)上手7四歩の変化
58p
第3章 おみき指し戦法   28p
第4章 実戦譜 1局(▲6五歩位取り戦法(瞳流)) 32p

◆内容紹介(はしがきより抜粋)
飛車落ち定跡には、四間飛車と居飛車といった二つの指法があり、いずれも下手必勝法を述べています。しかし古来から伝えられているこれらの定跡は、いずれも上手に局面の選択権があるため、下手はあらゆる変化手順に精通していなくては勝利に結びつけることができません。
本書では、上手に変化をめぐらす余地のないよう、簡明な下手の攻撃法を主体として解説を進めます。


【レビュー】
飛落ち専門の定跡書。

飛落ちの定跡でもっともメジャーなものは下手右四間定跡、次に矢倉引き角定跡だろう。このうち下手右四間定跡は数多くの定跡書で取り上げられ、しかも完成した下手必勝定跡である。ただ、マギレ手段の選択権は上手にあるため、下手はその全てを打ち破らなくてはならない。完成定跡でありながらその全てを網羅した本はなく、下手がマスターするのは容易ではない。

本書では、難解な右四間定跡を避け、簡明な指し方を紹介している。


第1章では、[右図]で▲4五歩!と仕掛け、角交換から持久戦を目指す方針。「角交換は上手の負担になる」というスタンスだ。局面を落ち着かせ、上手の盛り上がりを防ぎながら手詰まりを誘い、持ち角を利用して隙を突いていく。正確な暗記が苦手な方にはオススメの戦法だ。

[右図]の▲4五歩早仕掛けを防ぐ意味で、「上手△3三銀型」と「角交換お神酒指し」が考えられる。それが第2章と第3章。特に“お神酒”は意外と他書に載っていないが、必ず一度は出会うはずなので、本書でツボを押さえておきたい。飛香落ちのお神酒にも応用可能。

第4章の実戦譜は、なぜか第1章〜第3章で解説していない「瞳流▲6五歩位取り戦法」。しかも下手の苦戦譜(「飛車落ち必勝法」なのに!?)。この戦法はちゃんと解説した定跡書はほとんどないので、実戦集『血涙十番勝負』(山口瞳,1972初版)を参考にすべし。

右四間定跡が優秀とは思えない…」という人は、ぜひ本書を一読されたし。「右四間で勝ちたいんだ!」という人には不要。(2005Aug15)



【関連書籍】

[ジャンル] 
駒落ち定跡
[シリーズ] 
王将ブックス
[著者] 
佐藤庄平
[発行年] 
1988年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 飛車落ち必勝法


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved