2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■中飛車戦法

< | No.0371 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 中飛車戦法
(ポケット版)
中飛車戦法
王将ブックス ポケット版
振飛車シリーズT
中飛車戦法
[総合評価] C

難易度:★★★

図面:見開き2枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
中級〜上級向き

Not found at Amazon.co.jp

【著 者】 北村昌男
【出版社】 北辰堂
発行:1966年 ISBN:
定価:380円 158ページ/15cm

zoom
王将ブックスDELUXE版
―振飛車シリーズ(1)
八段 北村昌男の
中飛車戦法
[総合評価] C

難易度:★★★

図面:見開き2枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
中級〜上級向き

【著 者】 北村昌男
【出版社】 北辰堂
発行:1989年8月 ISBN:4-89287-021-8
定価:800円 158ページ/19cm


【本の内容】
第1章 原始中飛車 △6四銀速攻型/角参加型 26p
第2章 △6四銀型中飛車   20p
第3章 ツノ銀中飛車戦法 4筋早仕掛け/▲3八飛急戦策/
▲4七金型の攻法/▲4六金戦法
68p
第4章 (玉頭)位取り戦法   16p
第5章 中飛車急戦策   24p


【レビュー】
中飛車の定跡解説書。第1章〜第4章は「中飛車破り」のスタンスだが、第5章は中飛車側の視点である。

解説と読みやすさは十分合格レベル。第2章の△6四銀型は矢倉流中飛車としてリバイバルしているし、第5章の居玉で攻め倒す形もなかなか面白い。量的に少なく、どの章もやや中途半端なので、定跡書としては不十分だが、参考程度に読むなら良いと思う。

ところで、第2章の最後で「『△6四銀型中飛車』が、このように簡単に退治できるわけはないのです。(後手が悪手を指している)」(50p)と書かれているが、「正直だなぁ」と感心する一方で「じゃぁ、いままでの説明は何だったの?」と思ってしまった。そういう部分は、うまく隠しておいてほしいなぁ。(2004Aug15)



【関連書籍】

[ジャンル] 
中飛車
[シリーズ] 
王将ブックス
[著者] 
北村昌男
[発行年] 
1966年 1989年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 中飛車戦法


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved