2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■ヨコ歩取り戦法

< | No.0288 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > ヨコ歩取り戦法
(ポケット版)
ヨコ歩取り戦法
zoom
王将ブックスDELUXE版
―居飛車シリーズ(6)
ヨコ歩取り戦法
[総合評価] C

難易度:★★★

図面:見開き2枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:B
解説:A
読みやすさ:A
中級〜上級向き

Not found at Amazon.co.jp

【著 者】 芹沢博文
【出版社】 北辰堂
発行:1975年4月 ISBN:4-89287-006-4
定価:350円 158ページ/19cm
(DELUXE版)

zoom
王将ブックスDELUXE版
―居飛車シリーズ(6)
ヨコ歩取り戦法
[総合評価] C

難易度:★★★

図面:見開き2枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:B
解説:A
読みやすさ:A
中級〜上級向き

【著 者】 芹沢博文
【出版社】 北辰堂
発行:1989年3月 ISBN:4-89287-012-9
定価:800円 158ページ/19cm


【本の内容】
第1章 横歩取り基本型
(△2三歩型)
(1)▲7七銀型 (2)▲4五角型 (3)▲6八玉型 90p
第2章 後手飛先交換型 △4五角戦法/古典定跡△4一玉/△3三角 24p
第3章 相横歩取り型 ▲7七銀型/▲7七歩型/後手横歩取らず△8二飛型 40p


【レビュー】
横歩取りの定跡書。

メインとなっているのは第1章の△2三歩型。代表的な形を解説している。解説自体は平易で読みやすい。△2三歩型については、他に詳しい定跡書があるが、その中ではもっとも読みやすい。ただし、決定版とも言われる“▲1六歩”や▲3六飛型については記述がなく、他の形もやや大雑把な感じ。見たい局面を探しにくいので、事典的な使い方は不可。

第2章・第3章は残念ながら内容が薄く、記述もあいまいで使いづらい。特に△4五角戦法と相横歩取りは、あまりにもあっさりと優劣を結論づけてしまっていて、参考にならない。

なお、相横歩取りの▲7七歩型は本書で初めて提案された形。もっとも、本当に提案しただけで、詳しい変化はあまり分からない。(2004Feb07)



【関連書籍】

[ジャンル] 
横歩取り
[シリーズ] 
王将ブックス
[著者] 
芹沢博文
[発行年] 
1975年 1989年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > ヨコ歩取り戦法


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved