2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■相振り飛車を指しこなす本(3)

< | No.0754 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 相振り飛車を指しこなす本(3)
相振り飛車を指しこなす本(3)
zoom
最強将棋21
相振り飛車を指しこなす本(3)
[総合評価] B

難易度:★★★☆

見開き2問(天地逆)
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き

【著 者】 藤井猛
【出版社】 浅川書房
発行:2008年1月 ISBN:978-4-86137-019-9
定価:1,365円(5%税込) 224ページ/19cm


【本の内容】
・プロローグ「高矢倉と平矢倉、高美濃と平美濃」=4p
第1章 二枚金VS高矢倉 38問 39p
第2章 高美濃VS高矢倉 23問 29p
第3章 高美濃VS平矢倉 35問 41p
第4章 手筋と決め手 34問 38p
第5章 △3三角戦法【基礎編】 58問 62p

◆内容紹介
第1巻では二枚金、第2巻では美濃囲いを考えました。続く第3巻(本書)では
矢倉を中心に考えます。「高矢倉」「平矢倉」などふだんあまり聞きなれない言葉が入っているのは、これまでの将棋用語では表現しきれない事態が生じているからです。
本書を読めば、相振り飛車はもちろん、将棋を見る目がかなり変わるはずです。


【レビュー】
相振飛車の次の一手問題集。

第1章〜第3章の△三間飛車vs▲向飛車という構図は、第1巻・第2巻と同じ。今回は矢倉囲いの攻略をメインにしているところが特徴。

ところで矢倉といっても、相振飛車の矢倉は1種類ではない。

高矢倉と平矢倉高美濃と平美濃

左図の先手が「高矢倉」。相矢倉戦でもおなじみの普通の矢倉だが、最近の相振飛車戦では後手の「平矢倉」も頻出するため、区別する意味で「高矢倉」「平矢倉」という言葉が使われるようになった。左金と歩の位置が違うだけだが、争点や金銀の連携が違ってくるため、戦い方もまったく異なってくる。

同様に右図の「高美濃」と「平美濃」。こちらは通常の振飛車戦でおなじみだが、相振飛車戦でも似て非なる特徴を持つ。プロローグiiiページから引用すると、「高美濃の特徴は(1)十字飛車の筋がない (2)3筋の1歩交換を防いだので、後手から歩を使った牽制がない (3)二枚金より角交換に弱い」というわけ。つまり、囲いの堅さだけでなく、陣形としての総合的な力と、相手の陣形との兼ね合いで良し悪しが変わってくる。そこが相振飛車の面白さでもあり、難しさでもある。

話を元に戻すと、

第1章:▲二枚金△高矢倉:二枚金はすぐに囲えるが、進展性に乏しいため、攻めるしかない。戦い方が限定される。
第2章:▲高美濃△高矢倉:立体的な囲い(高矢倉)に対して立体的な囲い(高美濃)で対抗。先手はじっくりした戦いから作戦勝ちが狙える。
第3章:▲高美濃△平矢倉:後手が工夫して、争点を作らず低く構える。

さらに、第4章は、藤井の実戦から取材した3例について、実戦の手順と変化を解説。基本的には第2巻の第3章と同じ。内容は対△矢倉(高矢倉、平矢倉、四角矢倉)で、第1章〜第3章の内容に合致している。

第4章は△3三角戦法基礎編。後手番ながら角道を止めずに攻撃的に動けるので、一時は相振飛車戦のメインストリームだった(2008年6月発売の『相振り革命最先端』(杉本昌隆,MYCOM)によれば、すでに△3三角戦法は減少し始めたとのこと)。本書では先手が矢倉を目指す有力対策は扱わず、(1)後手が比較的穏やかに指す順 (2)△2四歩〜△2五歩とすばやく伸ばし、▲8八飛に対して速攻を仕掛ける(先手の対応によるが、あとから銀を繰り出して制圧)、という2つの例から、△3三角戦法の攻撃力を示している。

△3三角戦法の魅力を示すうえで面白い章だが、これを第4巻には持っていけなかったのだろうか。分けてしまうと第3巻がさらに薄くなり、第4巻が分厚くなってしまうというアンバランスさはあるにしても、△3三角戦法だけ見たい人も2冊買わないといけないというのはちょっと不満である。

Aにちょっと届かないBにしておく。(2009Mar14)

※本書は公式には224pということになっているが、最後のほうに白紙ページがあるので、実質的には209p+4p(プロローグ分)。


【他の方のレビュー】(外部リンク)
棋書解説評価委員会
桐蔭学園高校将棋部
Amazon.co.jp: カスタマーレビュー
ものぐさ将棋観戦ブログ




【関連書籍】
 『
相振り飛車を指しこなす本(1)
 『
相振り飛車を指しこなす本(2)
[ジャンル] 
次の一手問題集(定跡習得系)
[シリーズ] 
最強将棋21
[著者] 
藤井猛
[発行年] 
2008年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 相振り飛車を指しこなす本(3)


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved