2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■全戦型対応! 将棋・端の攻め方、受け方

< | No.1139 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 全戦型対応! 将棋・端の攻め方、受け方
全戦型対応! 将棋・端の攻め方、受け方
zoom
マイナビ将棋BOOKS
全戦型対応!
将棋・端の攻め方、受け方
[総合評価] A

難易度:★★★☆
   〜★★★★

図面:見開き3枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:B+
解説:A
読みやすさ:B
中級〜有段向き

【著 者】 安用寺孝功
【出版社】 マイナビ出版
発行:2016年12月 ISBN:978-4-8399-6159-6
定価:1,663円 224ページ/19cm


【本の内容】
序章  なぜ端攻めをするのか ・端攻めの目的
・美濃囲いへの端攻め
・穴熊への端攻め
・居飛車穴熊を攻略
・相振り飛車の端攻め
12p
第1章 矢倉の端攻め 矢倉の例題=20 42p
第2章 美濃囲いの端攻め 美濃の例題=28 58p
第3章 穴熊の端攻め 穴熊の例題=26 54p
第4章 その他の囲いの端攻め 銀冠の例題=4
舟囲いの例題=4
金無双の例題=4
中住まいの例題=2
30p
第5章 実戦に見る端攻め 9問 20p

・【コラム】(1)ご当地グルメ (2)思い出の端攻め (3)時代 (4)小さい子に教える

◆内容紹介
矢倉、美濃、穴熊、銀冠、舟囲い、金無双……。将棋にはいくつもの囲いが存在しますが、その全てに共通する弱点があります。

それが端です。

囲いは基本的に玉を端の方に囲うものであるため、端攻めが脅威になることは必然の結果であるともいえます。将棋において最も堅固な囲いであり、現代将棋の象徴ともいえる穴熊でさえ、端攻めをまともに食らってはもろくも崩れ去ります。

そうであれば、端の攻略の仕方、そして逆に端を攻められたときの正確な受け方は将棋を指す上での必修科目といえます。

本書はまさにそのニーズに応えるものです。


第1章「矢倉編」では、中盤での仕掛けから本格的な戦いまでの端攻め。
第2章「美濃囲い編」では、終盤を中心とした玉を直接攻める手筋と、相振り飛車での仕掛けに威力を加える端攻め。
第3章「穴熊編」では、いつも悩まされている堅さを、かなり弱体化させてしまう端攻め。
第4章では銀冠、舟囲い、金無双といったその他の囲いの端攻めを紹介しています。

見開き2ページで一つの手筋を紹介する形になっているので、自分の興味のあるところから読めるようになっています。

本書を読んで▲1五歩△同歩▲1三歩!の端攻めを常に狙う姿勢と逆に攻められたときの正確な対処を身につければ端はあなたにとって強力な武器になるはずです。


【レビュー】
端攻めを解説した本。


将棋の囲いは、玉が端に近いものが多い。美濃囲い、矢倉囲い、穴熊囲いは、いずれも端から1〜2マスのところに玉を囲っている。ということは、玉に近い端を攻めることは、当然の理である。

しかし、初級者〜中級者では、端攻めが苦手な方が多いと思う。理由は2つ考えられる。

一つは、端は守りの駒が多く感じられること。上記3つの囲いは、桂・香・玉(or銀)と、いずれも端に3つの利きがある。確かに、やみくもに端を狙っても突破できることは少なく、端攻めが成立する条件を見極め、またその成果を正確に把握した上で、さらに様々なテクニックが必要だ。

もう一つは、端攻めは手数が長いこと。例えば、持ち駒が桂歩三で美濃の端を攻めるとき、▲9五歩△同歩▲9二歩△同歩▲9三歩△同歩▲9四歩△同歩▲8六桂という攻めがあるが、これだけでも9手一組である。

他には、先に歩を何枚も投資する必要があったり、細かい違いで成否が異なってきたりと、級位者が苦手意識を感じる要素はいくつもある。しかし、だからこそ、端攻めができるようになったときには、実際に「勝ち」という成果が得られるだろうし、自分のステージが一段階上がった(まるで少し高級な将棋を指しているような)と感じられるだろう。



本書は、そのような端攻めをマスターするためにはとても良い教材である。

端攻めに特化した本というのは案外少ない。有名なのは『将棋・端攻め全集』(大内延介,日本将棋連盟,1979)で、これは何回も再版された良書である。ただし、時代的な背景から、穴熊の端攻めはほとんど解説がなかった。

他には『将棋・ひと目の端攻め』(週刊将棋編,MYCOM,2008)がある。これは、さまざまな戦型や囲いを網羅していて、かなりの良書。ただし、全体的な難易度が易しめに抑えてあるのと、解説の詳しさがもう一歩足りないところがあった。

本書は、その両方の不足分を補っている。囲いは、矢倉・美濃・穴熊・銀冠・舟囲いと、横歩取り関連まで網羅できている。また、受けの立場で被害を最小限に抑える指し方も多く書かれている。さらに成功例だけでなく、失敗例も書かれていて、解説量としてはボリュームたっぷりで大満足だ。

個人的に気に入っている注目トピックスを列挙しておこう。

・1-12 矢倉囲いで△1二玉とよろけた時の耐久性について
・1-16 矢倉囲いで、何とか桂を跳ねさせて2一を空けさせる発想
・2-23 対美濃囲いの定番端攻めで、相手が銀を持っている場合に▲9五歩△同歩▲9三歩△同香に(▲9四歩ではなく)▲8六桂△8五銀▲7七桂という有名な順があり、数多くの本に載っているが、「こちら(先手)も形がかなり変化するので…反動がないか注意が必要」(p67)まで書かれているのは◎。
・2-24 美濃囲いの受け△8四歩で、矢倉と比較して、利点と欠点が明確に書かれているのが◎。
・3-54 「穴熊は△1二歩と謝れないので▲1四歩の垂らしが非常に有効」と言語化されているのが◎。


他にも、有段者でも参考にできる解説がたくさんある。もちろん級位者も、端攻めの手順が手に沁み込むまで読み返せば、棋力が飛躍的にUPすることは約束できる。



不満なところは一点だけ。図面が足りない。1テーマは見開き2ページで解説されている〔右図〕のだが、テーマ図を含めて図面が3枚しかない。解説が大ボリュームであるがゆえに、分岐が2〜3回あることもあるが、頭の中で考えていると途中から「あれ、いまどの局面の話だっけ?」となることもちょいちょいあった。

この文章量なら、図面は見開き5枚くらいは必要だろう。多少はスペースに余裕があるので、何とかならなかったのかなぁ。MYCOM/マイナビの棋書では、過去に見開き6枚や8枚の実績もあるのに。そこがSを逃したポイントなのであった。

というわけで、〔右図〕を脳内で読み進めるのがつらく感じるようであれば、多少面倒でも盤駒(または将棋ソフト)を使って、変化を並べていただきたい。実際に並べることで、長い手順も頭に入りやすいと思う。「考えるよりも先に手が動く」ような効果も期待できる。



端攻めは、プロの実戦ではかなりの頻度で出てくる。棋力が低いうちは、せっかく棋譜並べをしていても、「なぜこのタイミングで端?」と思うこともしばしばだろう。本書を読んで端攻めをマスターしておけば、それが「おっ、やっぱりこのタイミングで端だよね!」に変わることは間違いない。そうなれば、どんどん将棋が楽しくなるだろう。ぜひご一読を。

※誤字・誤植等(初版第1刷で確認):
p131下段 ×?「香をつり上げて▲1六歩や▲1三歩を…」 ○?「香をつり上げて▲1四歩や▲1三歩を…」
p137下段 ×「△3三金は▲3一金と金を取っておき…」 ○「△3三銀は▲3一金と金を取っておき…」



【関連書籍】

[ジャンル] 
その他の手筋
[シリーズ] マイナビ将棋BOOKS
[著者] 
安用寺孝功
[発行年] 
2016年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 全戦型対応! 将棋・端の攻め方、受け方


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved