2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■相振り飛車の教科書

< | No.1051 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 相振り飛車の教科書
相振り飛車の教科書
zoom
相振り飛車の教科書 [総合評価] B

難易度:★★★☆

図面:見開き3枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:B
中級〜有段向き

【著 者】 杉本昌隆
【出版社】 日本将棋連盟/発行 マイナビ/販売
発行:2013年5月 ISBN:978-4-8399-4710-1
定価:1,575円(5%税込) 224ページ/19cm


【本の内容】
第1章 序盤編 第1節 基本の考え方
第2節 何でも美濃
第3節 徹底金無双
第4節 菅井流対策
40p
第2章 中盤編 第1節 囲いへの迫り方
第2節 何でも美濃囲い
第3節 徹底金無双
第4節 菅井流対策
・菅井流対策復習編
136p
第3章 終盤編 第1節 終盤戦のポイント

第2節 三つの候補手(7問)
38p

・【コラム】(1)奨励会での相振り戦 (2)お父さんはヒーロー (3)振り飛車と現代将棋

◆内容紹介
将棋の教科書シリーズ」の第5弾!!

日本将棋連盟が初段までの道のりを強力にサポートする「
将棋の教科書シリーズ」。今回のテーマは相振り飛車で、基本的な考え方から中・終盤のポイント、そして菅井流対策まで詳しく解説しています。
著者は「相振り革命」シリーズでお馴染みの杉本昌隆七段。「私自身、相振りの固定観念を払拭し、原点に戻って解説した」と言う通り、振り飛車党が慣れている美濃囲いや、金無双での戦い方などを詳しく述べています。相振り飛車を指し始めてみたいという方や、なんとなく指しているけどいつも作戦負けしている、といった方にはぜひとも手にとっていただきたい一冊です。


【レビュー】
相振飛車の指南書。「将棋の教科書シリーズ」の第5弾。

杉本は、「相振り革命」シリーズを始めとして、最先端の相振飛車の定跡書を何冊も書いている第一人者である。

本書は「将棋の教科書」シリーズということで、やや難易度を抑えてはいるものの、新研究(というより「新感覚」の方が近いか)を示しており、単なる級位者向けの本ではない。

本書では、従来の相振り定跡書にはない、ある思想で書かれている。それは、「(後手の歩交換に対して)すぐに歩を打って、いかに作戦勝ちするか」。

これまでは、「矢倉に組めれば作戦勝ち」と考えられており、「(相手の歩交換に対して)いかに歩を打たずに陣形を盛り上がれるか」が相振飛車の一大テーマだった。しかし、みなさんも矢倉に組もうとして一方的にやられたという、苦い経験があるのではないだろうか。

そう、現在では「矢倉を目指せばよいとは限らない」のである。さらに、「菅井流」の仕掛けが登場して風向きは変わった。歩交換後の浮き飛車に対しては、矢倉で圧迫するのがセオリーだったのに、それが通用しなくなったのである。

『これに囲えば作戦勝ち』という囲いは現代ではない」(p23)という記述に代表されるように、相振飛車の囲いは特徴によって使い分ける必要があるのである。



【本書の構成】
「将棋の教科書」シリーズ共通の特徴として、〔右図〕のような縦串・横串の構造がある。(〔右図〕は同シリーズ『将棋の教科書 振り飛車急戦』(鈴木大介,2012.09)のものだが、基本的な構造は同じ)

通常の本では、「戦法Aを序盤から終盤まで解説してから、戦法Bを序盤から終盤まで解説する」という構造を採る。

一方、本書では戦法をちゃんぽんにして、序盤・中盤・終盤の3つに章を分けている。序・中・終盤のそれぞれのステージでは考え方が似ているので、戦法で分けるよりもステージで分けた方が理解しやすいというわけだ。

本書でもその独特の構成は受け継がれているが、これまでのシリーズ4冊と違い、各章の第1節は「考え方」や「手筋」などをポイントを絞って解説している。囲いの選び方や攻撃陣の作り方など、重要な話が載っているので、この各章第1節は何度も読み返しておきたい。特に、金無双や矢倉に対する価値観などは、数年前の本とは異なっているので、有段者でもその感覚を確かめておきたいところだ。

 〔第1章 第1節〕
 ・囲いの種類、特徴、端
 ・金無双のバリエーションで、防御力を点数化
 ・連続歩交換の成否
 ・△3六歩▲同歩△5五角の防ぎ方

 〔第2章 第1節〕
 ・美濃崩し、金無双崩し、矢倉崩し、穴熊崩し
  それぞれの利点と欠点も。



【各戦型の内容】
本書の戦型は、基本的には[▲向飛車vs△三間飛車]であり、囲い方によって3戦型に分かれている。チャート化すると〔下図〕のようになる。序・中・終盤で章が違うので、左端に色帯を付けてみた。なお、終盤編の指し手は一例であり、定跡ではないので、網掛けを施してある。

「何でも美濃」編は、先手の囲いは平美濃囲い。下手に盛り上がらず、平たい囲いを維持する。もちろん、後手の3筋歩交換にはすぐに▲3七歩と受ける。また、基本は▲3九玉型をキープし、後手の攻めから一段離れておく。




「徹底金無双」編は、先手の囲いは金無双。相振飛車の基本の囲いでありながら、一時はかなりひどい扱いを受けていた(金無双に組んだだけで「現代相振飛車を勉強していない」と言われるぐらいだった)が、序盤の安定感が買われてある程度復権している。ただし、p135にあるように、「金無双は持ち歩二枚と端攻めでつぶれ」など、腰の入った攻めには耐えられないので、いかに早く持ち歩を貯めていけるかが勝負になる。




「菅井流対策」編は、先手の囲いは矢倉。ただし、完成させているヒマはない。菅井流とは、矢倉に対して浮き飛車から△4五歩〜△6五歩という仕掛け方のことで、いまや矢倉の天敵である。本書では、8筋の歩を伸ばすのを後回しにして、その2手を矢倉にフタをする手と玉の移動に回す。これで菅井流に対抗できるのではないか、という提案である。




【総括】
本書がターゲットとしている層には、「美濃編」と「金無双編」は大いに参考になると思う。特に、あっさり歩を打って堅い囲いをキープできる安心感は大きい。

一方、「菅井流対策編」は難しい。本書では仕掛けを受け止められる手順が提案されているが、「仕掛ける側(後手)は簡単、受ける側(先手)は大変」なので、ここまでして矢倉に組まなくてもよいのかな、と思う。とはいえ、矢倉を好んで指す人には一考していただきたい。

本書は、相振飛車の本としては革新的な思想で書かれており、級位者をターゲットにしながらも「相振り革命」シリーズの一つだといってもよいと思う。そういう意味ではAにしたかったのだが、構成上の問題で、局面が戻った時にどこにつながった(戻った)かが分かりにくく、やや読みにくさを感じたため、Bとした。チャートを見ることで少しは読みにくさが解消され、Aの気分になるので、ぜひ活用してほしい。(2013Jul11)


※誤字・誤植等(初版第1刷で確認):
p55 ×「…△同銀▲9五香△同銀▲9三歩(B図)。」 ○「…△同銀▲9五香△同香▲9三歩(B図)。」
(みつなりさんご指摘thx!)
p151 A図 8五歩の向きが逆
(みつなりさんご指摘thx!)
p159 ×「今回はさらに先の玉形がしっかりしており…」 ○「今回はさらに先手の玉形がしっかりしており…」
(みつなりさんご指摘thx!)
p164 ×「第9図で△7四銀も…」 ○「第10図で△7四銀も…」
p188 H図の持駒 ×「なし」 ○「歩」
p190 ×「▲3八同銀△同龍…は並べ詰み。」 ○「▲3八同銀△同飛成…は並べ詰み。」
(みつなりさんご指摘thx!)



【関連書籍】

[ジャンル] 
相振飛車
[シリーズ] 
将棋の教科書
[著者] 
杉本昌隆
[発行年] 
2013年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 相振り飛車の教科書


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved