2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■脳トレ9手詰

< | No.0863 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 脳トレ9手詰
脳トレ9手詰
zoom
脳トレ9手詰 [総合評価] B

難易度:★★★☆
   〜★★★★

見開き1問
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解答の裏透け:B
解説:B
中級〜有段向き

【著 者】 北浜健介
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:2010年7月 ISBN:978-4-8399-3655-6
定価:1,260円(5%税込) 208ページ/18cm


【本の内容】
・詰将棋のルール
・第1番〜第100番

◆内容紹介
終盤力の養成には、何といっても詰将棋が一番。
本書は9手詰を100題収録。姉妹編『
脳トレ7手詰』と同じく、玉位置は全て三段目以内で、駒数が少ない問題ばかり。また、美濃囲いや穴熊、銀冠などの囲いを題材にした問題も数多く、詰将棋の苦手な人でも解く気が起き、実戦に役に立つトレーニングに最適な問題揃いです。
易しいものから、少し難しいものまで、終盤に役立つ詰め手筋を数多く紹介しており、本書を解くことにより、知らないうちに終盤力が身に付いていくことでしょう。


【レビュー】
9手詰だけの詰将棋問題集。

北浜七段の初著作『脳トレ7手詰』(2009)からほぼ1年ぶりの著作となる。今回は「9手詰限定」で、これは私の知る限りでは棋書史上初めてだと思う。

9手詰といっても、7手詰との難易度の差はあまりない。1手→3手や、3手→5手の難度の上がり方に比べれば、7手→9手の難度上昇は微々たるものだ。むしろ、9手詰では手続き的な手順(たとえば金銀で押していくような平凡な手順)で手数が伸びていることも多い。

コンセプトは前作と同様、

 (1)玉は三段目まで、
 (2)駒数は少なめ、
 (3)なるべく実戦形で、
 (4)ときには囲い図式を、
 (5)なるべく安定感のある詰め上がり、

という感じ。前作では40問目くらいまでがかなり簡単で物足りなさを感じたが、本書では全体的な難易度は9手詰としては易しめながら、易しすぎる問題は少なく、ちょうどいい「脳トレ」になっている。もちろん、標準的な5手詰をスラスラ解けるくらいの詰め棋力が必要ではあるが。

囲い図式の問題は、以下のとおり。(※囲いが崩れたものも含む)

 美濃 = 第34問,第45問
 高美濃 = 第11問
 ダイヤモンド美濃 = 第95問
 銀冠 = 第31問,第39問,第87問
 穴熊 = 第29問,第41問,第73問
 木村美濃 = 第8問
 金無双 = 第23問,第38問
 矢倉 = 第28問,第30問,第47問,第50問,第59問,第67問
 菊水矢倉 = 第44問
 舟囲い = 第27問,第46問,第58問
 カニ囲い = 第85問

など。また、9手詰くらいから多く現れる特徴としては、以下のとおり。(※特徴の重複あり)

 打歩詰め回避 = 計10問 (※初形で打歩詰になっていないものも含む)
 邪魔駒消去 = 計18問
 駒取り = 計3問
 合駒限定 = 計1問

などの問題がちょこちょこ見られた。

わたしが手こずった問題は次のとおり。(○=解けた、×=解けずに回答を見た)

 第25問 ×
 第30問 ○ 計15分以上考えた
 第65問 ○ 「銀尽くし」の趣向問題(本書では珍しい)
 第74問 ×
 第78問 ×
 第80問 ○ かなり苦戦した
 第90問 ×
 第95問 ○ ダイヤモンド美濃の問題。解いたときの充実感あり。
 第97問 ×
 第98問 × 5手目が…!!
 第99問 × 
 第100問 × 「第90問から難易度を上げた」(まえがき)とあったが、確かに最後の4問は大苦戦だった…
 
他の問題は、短いときで10秒くらい、長いときで3分くらいの考慮時間で解けた。

前作と同じような構成でありながら、前作よりも楽しめた。また、実戦的な詰め棋力も養いやすいと思う。100問で1260円はやっぱりやや不満な点ではあるが、値段分+αくらいの満足感はあったと思う。(2010Aug10)



【関連書籍】
 『
脳トレ7手詰
[ジャンル] 
詰将棋
[シリーズ] 
[著者] 
北浜健介
[発行年] 
2010年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 脳トレ9手詰


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved