2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■角交換振り穴スペシャル

< | No.0709 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 角交換振り穴スペシャル
角交換振り穴スペシャル
zoom
マイコミ将棋ブックス
角交換振り穴スペシャル
[総合評価] B

難易度:★★★★

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:B
解説:A
読みやすさ:B
上級〜有段向き

【著 者】 東大将棋部
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:2008年3月 ISBN:978-4-8399-2803-2
定価:1,449円(5%税込) 224ページ/19cm


【本の内容】
序章 角交換振り飛車の狙い ・角交換振り飛車穴熊という戦法 14p
第1章 対居飛車穴熊 ・振り飛車速攻型 ▲8六歩の急戦
・振り飛車待機型 ▲3八金寄の変化
42p
第2章 対居飛車銀冠 ・対居飛車銀冠 基本的な考え方
・対居飛車銀冠 △2三銀に対する速攻
・対居飛車銀冠 3筋での1歩交換
・対居飛車銀冠 歩交換阻止をめぐる戦い
・対居飛車銀冠 速攻対5二金右型
・対居飛車銀冠 速攻対3三桂型
・対居飛車銀冠 7四歩型持久戦
82p
第3章 対居飛車矢倉 ・対矢倉の戦い方
・対4三歩型
・対4五歩型
・対矢倉穴熊
80p

・【コラム】東大将棋部とレグスペ/学生将棋について

◆内容紹介(MYCOMホームページより)
後手番で角交換して飛車を振り、あとは一目散に穴熊へ――本書が紹介する戦法は、従来の常識にとらわれないちょっと変わった戦法です。その名も角交換振り穴スペシャル、通称「レグスペ」。奇襲戦法のようにも見えますが、プロのタイトル戦でも現れた有力な戦法です。
現在居飛車の対策は、居飛穴、銀冠、矢倉とさまざまですが、いずれも振り飛車側が面白く戦えます。この戦法の研究が東大将棋部で盛んに行われ、1冊の本になりました。
振り飛車側の理想をいえば、「堅さを生かしてさばいて勝つ」です。ぜひ本書でこの戦法の急所を覚えて、ライバルをあっと驚かせてください。


【レビュー】
レグスペを解説した本。

「レグスペ」──。正式名称は「白色レグホーンスペシャル」らしい。「白色レグホーン」とは卵を産む鶏の代表的品種であるが、本書ではそれが創始者のニックネームなのか戦法の特徴なのかはよく分からないとされている。とにかく、本書で解説されている戦法を「レグスペ」と呼ぶ。(書名が「レグスペ」でないのは、さすがにそれでは売れないと思ったから?)

さて、レグスペとはどんな戦法か。基本図までの手順は
 
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △8八角成 ▲同 銀 △2二銀 ▲4八銀 △3三銀 ▲6八玉 △4二飛(左図)
レグスペ基本図レグスペの一例
そして組みあがった一例が右図だ。3筋以外の歩を突かずに穴熊に潜り、向飛車に振り直している。

レグスペとは、本書の定義に沿うと、

 (1)後手番の戦法
 (2)▲7六歩△3四歩▲2六歩から角交換して飛車を振る
 (3)△4二飛と一旦停止し、駒組みを進めてから△2二飛と振り直す
 (4)振飛車穴熊に潜る


といった感じだ。なお、『
奇襲大全』(1989)や『新版 奇襲大全』(1999)に載っている「大窪流角換わり四間穴熊」もよく似たオープニングであるが、大窪流は△4二飛型のまま△4四歩〜△4五歩と伸ばして戦うのが特徴らしい。一方、レグスペは主に2筋(+3筋)での戦いになるのが違っている。また、メディアなどで角交換振飛車全般がレグスペであるかのように書かれたこともあるようだ。

レグスペは後手番戦法だが、本書では便宜上先後逆でレグスペ側が手前で解説される。

序章は、レグスペという戦法の特徴と、基本の狙いの攻め筋(6パターン)を解説。これらの攻め筋は本書の中で何度も現れるので、必ず読んでおこう。また、プロの実戦でも現れた「△4二飛を省略する指し方」についても触れられているが、本書では推奨されていない。

第1章は、居飛車が堅さを同等にしようと相穴熊を目指す場合。実はレグスペにとっては比較的くみし易く、居飛車が悪くなる変化が多い。

第2章は、銀冠対策。銀冠の理想形、振飛車側が3筋で一歩交換することの利、それを△7四歩で牽制された場合のさらなる反撃筋について解説。

第3章は、角交換している(⇒角のニラミがない)ことを生かし、居飛車が平矢倉に組む対策。本書ではレグスペの強敵とされているので、今後レグスペ対策はほとんどこの平矢倉となるだろう。主に△6五銀+△4四角を組み合わせた攻めに対して、レグスペが以下に反撃するかを解説。

レグスペ対策をしたければ、まずレグスペを知ること。本書ではレグスペの狙い筋が、全編に渡り、同じようなセット手順が何度も出てくる。わずかな形の違いや、彼我の玉型の違いで成否が変わるので、混乱しないように注意したい。狙いが分かれば、対策は自分で考えることも可能だ。

ただ、本書は図面は多いが、構成が少しまずい部分があり、ページを繰り戻して該当局面図を探す回数は結構多かった(再掲図が少ない)。本筋の図よりも参考図のほうが多いせいかもしれない。

わたしもレグスペを指してみたことがあるが、個人的には合わないと思った。歩がぶつかる箇所が少ない将棋が好きではないせいだと思う。ただ、本書を読んで「レグスペも面白い部分がたくさんあるなぁ」と感じた…が、やっぱりあまり指さないだろうな(笑)。

よく研究してあると思うし、類書が少なくレア度も高いと思うが、ややレグスペ側に偏った内容と形成判断に気になる部分があった。
ABの境目だと思うが、あえてBで。(2008Jun02)


※本書を読み終え、いくつか疑問に思う箇所があったので挙げておきたい。もし分かる方があれば、掲示板で教えてくださると助かります。

(1)居飛車が△6四歩△6三銀型を採る理由が書かれていない。「角交換には5筋を突くな」だからだろうか?本書の居飛車は、序章を除いてほぼ全編にわたり、△6四歩△6三銀型である(先行して書かれた『角交換振り飛車』(畠山成幸,創元社,2005)では、居飛車△5四歩型にかなりのページを割いている)。特に第1章・第2章では△6三銀を狙われて居飛車不利になるケースが多く、△6三銀型を採る必然性がよく分からなかった。なお、△6四歩のタイミングについてはp23などで触れられている。
⇒掲示板での検討結果(丸々さん、24で11級さんthx!):
・「やはり『角換わりに5筋を突くな』が当てはまり、△5三銀型は△6三銀型よりも仕掛けやすい。」
・「居飛車は9割以上が△6三銀型を選ぶ傾向がある。」
・「△5三銀型は居飛車からの攻め筋が少ない。」
・「△5三銀型には▲7一角△7二飛▲5三角成△同金からの8筋突破がある。」(2008Jun20追記)
(2)p41第4図以下の△7七龍はココセではないだろうか?振飛車の飛を押さえ込んでおり、先手が歩を使えるのは8筋限定なので、桂を1枚取るために桂香取られるのは損だと思う。▲3四角を追ってから△6六歩〜△6七歩で居飛車がよいのでは?
⇒掲示板での検討結果(丸々さんthx!):
・「どうやら△7七龍(桂を取る)はココセ。代わりに△3三金▲5六角△5五銀打で居飛車良さそう。角が1筋に逃げればやはり△6六歩〜△6七歩と垂らす。」(2008Jun20追記)
(3)p44参考6図は居飛車良しではないだろうか?解説どおりの△8四馬▲8三歩なら△3九馬▲同金△6二飛▲5二角成△同飛で、駒損の上に先手の飛先が重い。
⇒掲示板での検討結果(丸々さんthx!):
・「△8四馬▲8三歩△3九馬▲同金△6二飛▲8二歩成△6一飛▲7二と△4一飛▲8二飛成で、先手金銀損でも先手ペースかと思われたが、△5七角として3九金に狙いを付けられると先手の対応が難しい。他に変化しても、先に二枚穴熊にされてしまうのがつらい。」(2008Jun20追記)
(4)p103参考4図は居飛車良しではないだろうか?△8八歩成▲同飛△同飛成▲同角△8七飛で、p104の類似手順の検討と違い、▲3三角成としても手駒が飛角桂歩では切れ筋なのでは?
⇒掲示板での検討結果(丸々さんthx!):
・「これは私の読み不足で、手駒が飛角桂歩でも後手玉は寄る。△3三同玉に▲4五桂とし、(1)△3二玉なら▲3三角△2二銀▲同角成!△同玉▲3三銀、以下後手玉の逃げ場所によって▲2二飛/▲2一飛と打てば寄り。(2)▲4五桂に△3二玉以外の逃げ方なら、▲3三角と王手で打って寄り。」(2008Jun20追記)

※誤植:p66「参考1図からは△4四角〜」→「参考2図からは△4四角」



【他の方のレビュー】(外部リンク)
守谷将棋
Amazon.co.jp: カスタマーレビュー
ビーケーワン
振り飛車日誌 どっと.NET




【関連書籍】

[ジャンル] 
角交換振飛車
[シリーズ] マイコミ将棋ブックス
[著者] 
東大将棋部
[発行年] 
2008年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 角交換振り穴スペシャル


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved