2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■四間飛車道場 第一巻 ミレニアム

< | No.0042 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 四間飛車道場 第一巻 ミレニアム

zoom
東大将棋ブックス
四間飛車道場 第一巻
ミレニアム
[総合評価] B

難易度:★★★★☆

図面:見開き6枚
レイアウト:A
構成:B
読みやすさ:B
上級〜有段向け

【著 者】 所司和晴
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:2001年10月 ISBN:4-8399-0575-4
定価:1,200円(5%税込) 222ページ/19cm


【本の内容】
第1章 ミレニアムの概要   15p
第2章 ▲6七金型
ミレニアム
(1)△2二飛-5四銀-4五歩型
(2)△2二飛-5四歩▲9六歩型
(3)△2二飛▲3七銀型
(4)△6三銀引型
(5)△6四歩▲8六角型
86p
第3章 ▲6六角型
ミレニアム
(1)△6三銀引型
(2)△高美濃型
(3)▲3六歩不突き型
(4)△4一金-5二金型
(5)▲5八金右-6六角-5七角型
(6)▲4九金-6六角-5七角型
(7)▲地下鉄飛車型
98p
第4章 ▲5五角型
ミレニアム
  18p

◆内容紹介(MYCOMホームページより)
東大将棋ブックス四間飛車道場の第一巻は、古くからプロアマ問わず最も人気ある戦法の四間飛車をとりあげています。四間飛車は斬新な藤井システムの出現により、居飛車穴熊人気から勢いを取り戻しました。しかし代わって居飛車側の編み出した対策がミレニアム。本書はミレニアム対四間飛車の最新攻防を徹底解説した一冊です。


【レビュー】
△四間飛車vs▲ミレニアム(8九玉型)の定跡書。現在のところ(2002年5月現在)、ミレニアム関連の唯一の本。

藤井システムの猛威により、穴熊に組みにくくなった居飛車の新対策・8九玉。いろいろな名前で呼ばれていたが、この本を機に「ミレニアム」で定着したようだ。[右図]がミレニアムの一例。振飛車の角筋を避け、堅さでも穴熊に近いのが自慢の駒組みだ。

ほかの東大将棋シリーズと同様、どちら側にも肩入れすることなく、緻密な研究を解説してある。研究量と裏腹に分岐が多くなっていて、やや全体像を捕らえにくいが、もともと持久戦は定跡化しにくいのでしかたないだろう。ミレニアム戦特有の狙いと手筋を覚えるなら十分の内容。あとはカタログ的に使うと良い。

なお、振飛車が穴熊に組み替える指し方については記述なし。(2002May16)



【関連書籍】

[ジャンル] 
四間飛車持久戦系
[シリーズ] 
東大将棋ブックス
[著者] 
所司和晴
[発行年] 
2001年

< >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 四間飛車道場 第一巻 ミレニアム


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved