2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■将棋の教え方学び方

< | No.0041 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋の教え方学び方
将棋の教え方学び方
zoom
将棋の教え方学び方
指導のプロの実践テクニック
[総合評価] B

難易度:★★

図面:見開き2〜3枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
子どもに将棋を教えたい人向け

【著 者】 小田切秀人
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:2002年3月 ISBN:4-8399-0659-9
定価:1,200円 205ページ/19cm


【本の内容】
第1部 講義編 基本ルールを楽しく覚える
新しい駒落ちで実戦を体感
詰将棋トレーニング
テクニック=手筋の基礎
124p
第2部 トレーニング編 詰将棋
将棋の二大戦術
68p

◆内容紹介
基本ルールを体感するには「歩なし将棋」が有効、実戦の流れをつかむには「新しい駒落ち」で、詰ませ方を理解するには「3手詰めより1手詰め」、といった教え方のコツを紹介。


【レビュー】
「教え方」に焦点を当てた異色の本。

将棋を教えるのは意外に難しい。強い人ほど、初心者に上手く教えられないこともある。この本では「どう教えたら将棋が強くなれるか」ではなく、「どう教えたら将棋を好きになってくれるか」がポイントになっている。
講義編では、「駒の動き方は歩から教える」「歩なし将棋で基本ルールを体感させる」「レベルに合わせてハマってあげる」「金銀を落とす駒落ち」「強いお父さんほど工夫と忍耐を」など、従来とは違う、目からウロコの教え方が満載。トレーニング編は普通の入門書と変わらない。

自分の子どもと将棋を指したい方や、小学校などで将棋を教える立場にある方にオススメする。(2002May12)



【関連書籍】

[ジャンル] 
入門書
[シリーズ] 
[著者] 
小田切秀人
[発行年] 
2002年

< >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋の教え方学び方


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved