2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■羽生の法則 Volume 2 金銀の手筋

< | No.0355 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 羽生の法則 Volume 2 金銀の手筋

zoom
羽生の法則 Volume 2
金銀の手筋
[総合評価] B

難易度:★★☆

図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
初級〜中級向き

【著 者】 羽生善治  【協 力】 木屋太二
【出版社】 日本将棋連盟
発行:2004年4月 ISBN:4-8197-0375-7
定価:1,300円 223ページ/19cm


【本の内容】
第1章 銀の手筋 50テーマ 101p
第2章 金の手筋 50テーマ 101p
  実戦編 6テーマ 13p

◆内容紹介(日本将棋連盟HPより)
金銀は攻防のかなめの駒。大事な場面に必ず登場する。本書は実戦にすぐ役立つ基本手筋を、見開きで紹介した金銀の使い方のガイドブック。


【レビュー】
金銀の手筋を解説した本。アツい表紙のVol.1とはうって変わって、一転涼しげな表紙になった。結構カッコいい…(笑)

基本的な構成はVol.1と同じ。各テーマごとに「HABU'S RULE ○○」(○○は数字)の見出しが付けられ、見開き2ページに一種類の金(銀)の手筋が解説してある。前回は攻めの手筋と受けの手筋で分けられていたが、今回は駒別で半分に分割されている。

実戦ですぐ使える手筋が丁寧に解説されているので、初級・中級者にはなかなか良い。「Vol.1より質が下がった」という声も聞かれたが、わたしが読んでみた限りではレベルは同じ。むしろ金銀に絞って書かれた本は少ないので、Vol.1よりも一読の価値は高いと思う。ただ、質・量ともに『玉金銀の徹底活用術』(小林健二,創元社,2000,\1,000)と同じくらいなので、コストパフォーマンスでやや不利。+\300は羽生のブランド代か?

連盟と創元社の棋書は寿命が長い。現時点では甲乙つけがたいが、3年後には評価が定まるだろう。(2004Jul10)



【関連書籍】

[ジャンル] 
駒の手筋
[シリーズ] 
羽生の法則
[著者] 
羽生善治 木屋太二
[発行年] 
2004年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 羽生の法則 Volume 2 金銀の手筋


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved