2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■玉金銀の徹底活用術

< | No.0351 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 玉金銀の徹底活用術

zoom
駒別スーパー手筋講座(3)
玉金銀の徹底活用術
[総合評価] B

難易度:★★☆

図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
初級〜中級向き

【著 者】 小林健二
【出版社】 創元社
発行:2000年12月 ISBN:4-422-75035-6
定価:1,000円 206ページ/19cm


【本の内容】
第1章 銀の手筋 手筋解説/練習問題(24問) 88p
第2章 金の手筋 手筋解説/練習問題(24問) 66p
第3章 玉の手筋 手筋解説/練習問題(16問) 48p

◆内容紹介(創元社HPより)
好評の駒別手筋シリーズ第3弾は「玉金銀の徹底活用術」。攻守を自在にこなす銀、守備のかなめであり、他駒が成れば強力な攻撃駒にもなる金、いずれも単独で活用するより玉と深く連係し合って、真の力を発揮します。本書は,第一章銀、第二章金、第三章玉と、駒別に多様な例題、練習問題をまとめ、手筋や、局面に応じた駒の使い方を学べるようにしました。実戦に即利用できる手筋をそろえ、棋力アップを目指します。


【レビュー】
玉金銀の手筋を解説した本。「徹底活用術」シリーズの第3巻(完結)。

歩以外で、周囲に1マスずつしか動けない駒、それが玉・金・銀。動きが地味なので、初心者の盤面では玉金銀がほとんど動いていないことが多い。これらの駒は、ルールを覚えても使い方が今ひとつ分かりにくいのだろう。逆に、玉金銀を上手く運用できるようになれば、それだけで初級者は卒業と言えるだろう。本書ではそのような「地味だけど大切な玉金銀」について、上手い駒の使い方を易しく丁寧に解説している。

構成は玉・金・銀の駒ごとに3章。各章は解説と練習問題の2本立てになっている。1つの手筋につき1pの解説なので、レイアウトも見やすく、ページ数の割には量がある。

この「徹底活用術」シリーズは、「羽生の法則」シリーズ(2004)とかなり重なった部分が多い。初級・中級者にとってどちらがオススメかは難しいが、個人的には僅差で「徹底活用術」シリーズに軍配を挙げたい。(2004Jul03)



【関連書籍】

[ジャンル] 
駒の手筋
[シリーズ] 
駒別スーパー手筋講座
[著者] 
小林健二
[発行年] 
2000年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 玉金銀の徹底活用術


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved