2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■将棋・終盤の総手筋

< | No.0356 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋・終盤の総手筋

zoom
ごく初心者のための“将棋の勝ち方”
将棋・終盤の総手筋
[総合評価] A

難易度:★★

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
初級〜上級向き

【著 者】 関根茂
【出版社】 日本将棋連盟
発行:1978年3月 ISBN:4-8197-0026-X
2276-0127-5892
定価:650円 222ページ/18cm


【本の内容】
第1章 基本手筋の紹介 75テーマ 92p
第2章 応用問題40選 40問 82p
第3章 実戦の好手筋 9テーマ 42p


【レビュー】
終盤の手筋を解説した本。これ一冊で、詰め・必至・寄せ・囲い崩し・受け・凌ぎが一通り学べる。

第1章で終盤のさまざまな手筋をランダムに解説。「紹介」と書いてあるが、ちゃんと「詳解」されている。手筋によっては1pだったり2pだったりだが、ほとんど見開き内で解説が終わるようになっており、初級者に配慮したレイアウト設計だ。“終盤初級”を脱出するには、とりあえずこの第1章だけでOK。

第2章は、第1章で得た基礎知識を次の一手形式で確認。第1章から少しだけ発展させた内容なので、ちょうど良いレベルだ。急に難しくならないし、物足りないということもない。

第3章はプロの終盤(関根九段の実戦も含む)を解説。ちょっとこの章は1/2章よりも難しいが、流れを鑑賞すれば良いだろう。

解説と問題のバランスが良く、初級者にはピッタリの本だと思う。(2004Jul11)



【関連書籍】

[ジャンル] 
終盤の手筋
[シリーズ] 
[著者] 
関根茂
[発行年] 
1973年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋・終盤の総手筋


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved