2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■【決定版】駒落ち定跡

< | No.0017 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 【決定版】駒落ち定跡

zoom
【決定版】駒落ち定跡
八枚落ちから香落ちまで
[総合評価] S

難易度:★☆
 〜★★★★

図面:見開き4枚
内容:(質)S(量)S
レイアウト:A
解説:A
初心〜高段向け

【著 者】 所司和晴
【出版社】 日本将棋連盟
発行:2000年3月 ISBN:4-8197-0209-2
定価:3,000円 479ページ/22cm/H.C.
(新装版)
【決定版】駒落ち定跡(新装版)
zoom
【決定版】駒落ち定跡 [総合評価] S

難易度:★☆
 〜★★★★

図面:見開き4枚
内容:(質)S(量)S
レイアウト:A
解説:A
初心〜高段向け

【著 者】 所司和晴 【推 薦】 羽生善治
【出版社】 日本将棋連盟
発行:2010年9月 ISBN:978-4-8399-3708-9
定価:2,940円(5%税込) 480ページ/21cm


【本の内容】
第1章 八枚落ち 下手棒銀戦法 12p
第2章 六枚落ち 下手9筋攻め/下手1筋攻め 30p
第3章 四枚落ち 下手棒銀戦法/下手9筋攻め/棒銀対△3ニ玉型 28p
第4章 二枚落ち 二歩突き切り定跡/銀多伝定跡/上手△5五歩止め 98p
第5章 飛香落ち 下手腰掛銀定跡/上手△2三銀型 46p
第6章 飛落ち 下手右四間飛車定跡/居飛車引き角定跡 78p
第7章 角落ち 下手矢倉定跡/下手三間飛車定跡/下手中飛車定跡 80p
第8章 香落ち 上手三間飛車定跡/△1四歩型四間飛車/下手棒銀戦法
/△5三銀型中飛車/上手角交換型中飛車/上手△1二飛型
99p

◆内容紹介
この一冊で八枚落ちから香落ちまでマスターできる、駒落ち定跡の完全ガイド。本書では、基本的な定跡についてはなるべく終盤の勝ち切るところまで解説しました。また、上手の奥の手なども公開し、それを打ち破る手順や、従来の定跡より優れた下手の指し方なども多く紹介しています。

※新装版の内容はオリジナル版と同じです。


【レビュー】
駒落ちの総合定跡書。

従来の駒落ち定跡を整理統合し、なるべく下手が勝ちやすい手順を中心に解説。同じような駒落ち総合定跡書の名著に『将棋大観』があるが、それと比べて非常に現代風な書き方で読みやすく解説されている。所司の定跡書では賛否両論な「東大将棋ブックス」シリーズが有名だが、本書の方は指し手の羅列ではなく、感覚にも触れた丁寧な解説なので理解しやすいと思う。

駒落ち定跡の進歩で“大観定跡”とは意味合いが異なる部分も多くなっているが、もちろんどちらの指し方でも棋力アップに有効だ。

三枚落ちと五枚落ちは無いが、初心者向けに八枚落ちの解説が加えられている。さらに、プロの指導で最もつまづきやすい二枚落ちと、道場の手合いで最も多い香落ちには多くのページが割かれている。

わたしは中田六段による指導は四枚落ちから始めたのだが、手合いが変わるたびに本書の該当箇所をまず目を通すことにしている。載っているのは特に代表的な手順なので、「ははぁ、上手はこういう内容を知っているのだな」と思える。本書だけで完璧……とまでは言えないのだが、少なくとも「駒落ち定跡の基本」として知っておくべき内容だ。

指導を受ける機会がある人、指導をする立場の人、駒落ちのある道場に通う人など、、初心者から高段者まで、10年使える定跡書だ。(2002初出,2007Feb03大幅書き直し)

※書名が平凡なので呼び方に困るが、本の装丁から「赤本定跡」と呼ばれることもあるようだ。



【関連書籍】
 『
二枚落ち 裏定跡
[ジャンル] 
駒落ち定跡
[シリーズ] 
[著者] 
所司和晴
[発行年] 
2000年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 【決定版】駒落ち定跡


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved