2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■青野の棒銀戦法

< | No.0795 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 青野の棒銀戦法
青野の棒銀戦法
zoom
初段の壁を破るシリーズ
青野の
棒銀戦法
次の一手形式で初段を突破する!
[総合評価] C

難易度:★★★

見開き1問
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解答の裏透け:A
解説:B
読みやすさ:A
中級〜上級向き

【著 者】 青野照市
【出版社】 土屋書店
発行:1988年9月 ISBN:4-8069-1507-6
定価:1,000円 212ページ/19cm


【本の内容】
・次の一手問題=100問
第1章 序盤=30問
(第1問〜第6問:相掛かり原始棒銀/第7問〜第20問:角換わり▲棒銀/第21問〜第24問:角換わり棒銀の受け方/第25問〜第30問:角換わり早繰り銀)
第2章 中盤=40問
第3章 終盤=30問


【レビュー】
棒銀戦法の次の一手問題集。

本書で扱っている「棒銀」は、相掛かり原始棒銀、角換わり棒銀、角換わり早繰り銀の3種類。特にメインは角換わり棒銀となっている。

第1章(序盤)では、定跡手順の中から特にマスターすべき局面をピックアップして出題。第2章(中盤)では、定跡からの出題の中にときどき実戦からの出題が混じってくる。第3章(終盤)は実戦からの出題で、特に棒銀戦でよく現れる手筋を意識した問題となっている。

問題のセレクトは難易度がほぼ統一されていてまずまず。解説も過不足なく、いい感じではある。ただ、問題の前後のつながりがハッキリしないことが多く(「○○から数手進んだ局面です」という書き方)、戦法全体の流れがつかみにくくなっている。

本書だけで棒銀戦法をマスターするのはちょっと難しいので、別の定跡書(たとえば『最新 棒銀戦法』(青野照市,創元社,2001)など)で一通り学んだあとに、復習や力試し問題集として使えば、効果が最大限に発揮できると思う。Bに近いC。(2009Oct27)

※本のコンセプト(戦法、対象棋力など)が『棒銀大作戦』(青野照市,創元社,1987)とほぼかぶっている。出来にあまり差はないが、本書の方が角換わり棒銀に力を入れている点が異なる。

※誤植等(初版第4刷で確認):
第72問 正解図 2五歩の向きが逆
第73問 問題図 9一角の向きが逆
第90問 失敗図 8六歩の向きが逆


【他の方のレビュー】(外部リンク)
いまのところ見つかっていません。




【関連書籍】

[ジャンル] 
次の一手問題集(定跡習得系)
[シリーズ] 初段の壁を破るシリーズ
[著者] 
青野照市
[発行年] 
1988年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 青野の棒銀戦法


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved