2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■最新 棒銀戦法

< | No.0127 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 最新 棒銀戦法

zoom
将棋必勝シリーズ
最新
棒銀戦法
単純かつ破壊力抜群!
[総合評価] C

難易度:★★★☆

図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:B
中級〜上級向き

【著 者】 青野照市
【出版社】 創元社
発行:2001年1月 ISBN:4-422-75075-5
定価:1,200円 222ページ/19cm


【本の内容】
第1章 相掛かり▲原始棒銀 定跡解説、復習問題8問 40p
第2章 矢倉崩し△速攻棒銀 定跡解説、復習問題8問 70p
第3章 角換わり▲棒銀 定跡解説、復習問題6問 74p
第4章 角換わり▲早繰り銀 定跡解説、復習問題6問 34p

◆内容紹介
棒銀戦法は、プロが多く使う戦法でもある。単純でおぼえやすい反面、破壊力があり奥の深いこの棒銀を、プロの実践譜をもとに、最新最強の戦法としてまとめた。第1章・原始棒銀は、対策を知っている相手を念頭においた威力抜群の指し方を紹介。第2章・矢倉くずし速攻棒銀は、後手番速攻戦としてこれまでにない定跡を教授する。第3章・角換わり棒銀は、プロでも難解といわれる対5四角戦法のかわし方をまとめた。棒銀の研究で名高い著者が今までにない指し方をめざした、最新の棒銀戦法書である。


【レビュー】
青野の5冊目の棒銀本。棒銀の権威といえば加藤一二三だが、この青野も相居飛車棒銀には知見が高い。特に矢倉崩しの△速攻棒銀をプロで最初に指したのは青野である。本書では、今まで級位者向けの棒銀本で定番だった「原始棒銀」と「角換わり棒銀」に加え、初めて「矢倉△速攻棒銀」を解説してある。角換わり▲棒銀は、従来の変化に加えて、ここ5年くらいに現れた変化も解説してあり、級位者向けの本としてはやや難易度が高めである。

どれも速攻戦法なので、ときには最終盤まで踏み込んで解説している。ただし、わずかな違いで成立しない変化も多いので(たとえば△6二銀と△7二銀)、そこまでやる意味はないと思う。最近、級位者向けの本で終盤まで踏み込む解説が流行しているが、有段者同士でもまずその通りの変化にならないだろう。もっと、中盤までの解説でツボを押さえてほしい。

なお、矢倉△速攻棒銀は、シンプルながら非常に奥の深い変化を秘めている。本書で物足りなければ、「矢倉急戦道場」(2002)で本格的に研究すべし。(2003Jun11)



【関連書籍】

[ジャンル] 
棒銀
[シリーズ] 
将棋必勝シリーズ
[著者] 
青野照市
[発行年] 
2001年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 最新 棒銀戦法


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved