2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■第四十五期将棋名人戦

< | No.0332 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 第四十五期将棋名人戦
第四十五期将棋名人戦
全記録
[総合評価] C

難易度:★★★☆

図面:見開き1枚
内容:(質)A(量)C
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:B
中級以上向き

【編 者】 毎日新聞社
【出版社】 毎日新聞社
発行:1987年9月 ISBN:4-620-50445-9
定価:2,500円 235ページ/22cm/H.C.


【本の内容】
【名人】中原誠 (防衛) 【挑戦者】米長邦雄
 

先−後

戦型

観戦記

 
第1局 ○米長−中原● 相矢倉▲早囲い+スズメ刺し棒銀 小元広悦 25p
第2局 ●中原−米長○ 相掛かり 相腰掛銀 加古明光 25p
第3局 ●米長−中原○ 相矢倉▲早囲い+スズメ刺し棒銀 清水孝晏 25p
第4局 ○中原−米長● 相矢倉△急戦 福井逸治 25p
第5局 ●米長−中原○ 相掛かり 相腰掛銀 井口昭夫 25p
第6局 ○中原−米長● 相矢倉△急戦 加古明光 25p

・第45期名人戦挑戦者決定リーグ・米長邦雄九段予選譜9局=63p
(1)● vs大山康晴十五世名人、▲四間飛車△玉頭位取り(加古明光)
(2)○ vs桐山清澄棋聖、相掛かり 相腰掛銀(清水孝晏)
(3)○ vs森けい二九段、相矢倉▲4六銀3七桂(井口昭夫)
(4)● vs南芳一八段、相矢倉△6四銀7三桂(井口昭夫)
(5)● vs谷川浩司棋王、相矢倉▲3七銀−3五歩早仕掛け(加古明光)
(6)○ vs小林健二八段、相矢倉▲3八飛(清水孝晏)
(7)○ vs有吉道夫九段、相矢倉▲急戦(清水孝晏)
(8)○ vs加藤一二三九段、相矢倉▲スズメ刺し(井口昭夫)
(9)○ vs二上達也九段、相矢倉▲4六銀3七桂(清水孝晏)
(10)挑決○ vs桐山清澄棋聖、相矢倉△米長流急戦(加古明光)

・盤側の記(井口昭夫)=各局3p×
6
・名人戦45期の全記録=2p
・第45期名人戦挑戦者決定リーグ成績表=1p


【レビュー】
名人戦の観戦記。

45期挑決リーグは、桐山・谷川・米長が6勝3敗で並ぶ激戦。パラマス式のプレーオフを勝ち上がったのは米長。米長は前半戦は2勝3敗で折り返し、挑決リーグ中に十段を失う(『第25期将棋十段戦』(1987)参照)など、決して本調子ではなかった。しかし後半の連勝で混戦に持ち込み、まさに「泥沼流」で名乗りを上げた。ちなみに降級争いも3勝6敗で4人が並ぶという大混戦だった。

七番勝負に挑んだ米長は出だし2連勝。「ついに米長名人誕生か」と期待が高まったが、連敗したあとは第4局で大逆転負けを喰ったあとは、ついに流れを取り戻すことができなかった。

米長は2連勝のあとの4連敗で、第37期の再来となってしまった。4度の挑戦で、いずれも中原に跳ね返されている。一時は四冠を保持した米長だが、名人に縁がないのか…?

今期は七番勝負の他に、挑決リーグとプレーオフの10局も収録されている。戦型が偏っているが(相矢倉と相掛かりばかり)、いずれも質の高い熱戦で、並べる価値は十分。ただ、定価が第44期から一気に700円もアップしたのはいただけない(>_<。)…そういえばこのころバブル景気が始まったんだっけ。(2004May14)



【関連書籍】

[ジャンル] 
名人戦観戦記
[シリーズ] 
[著者] 
毎日新聞社
[発行年] 
1987年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 第四十五期将棋名人戦


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved