2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■精選詰将棋200題

< | No.0525 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 精選詰将棋200題
精選詰将棋200題
zoom
chez_toiさんthx!
別表紙
基本の妙手
<原田>精選詰将棋200題
[総合評価] BA

難易度:★★
 〜★★★☆

見開き2問
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解答の裏透け:B
解説:A
中級〜向き

【著 者】 原田泰夫
【出版社】 梧桐書院
発行:1976年8月 ISBN:4-340-07102-1
0076-570958-2368
定価:580円 222ページ/18cm


【本の内容】
・詰将棋=計200問
[初級編] 3手詰め〜9手詰め 3手詰=10問/5手詰=20問/7手詰=40問/9手詰=40問
[上級編] 11手詰め〜15手詰め 11手詰=50問/13手詰=20問/15手詰=20問

◆内容紹介(はしがきより抜粋)
最も信頼する梧桐書院から二冊目の「詰将棋200題」が誕生することが嬉しい。三年前の「原田詰将棋200題」は予想以上に好評であった。本書と前作を比較してご覧くだされば幸甚である。


【レビュー】
3手詰〜15手詰の詰将棋問題集。

全200問中、実に83%にあたる166問が実戦型(玉方の桂か香が初期配置)。単に実戦型というだけでなく、本当に実戦に出そうな形のものが多い。原田の詰将棋の創り方は、実戦の終盤をアレンジし、不要駒を取り除くやり方が多かったと推測される。

また、「三手の読み」の原田らしく、ほとんどの作品は「取れば(早く)詰ますぞ」的な手を継続していけば詰む。なので、解いているときのテンポが良く、解後感も良し。「指し将棋のために詰将棋を解く」というライトユーザーにはちょうどよい。中には、「最後まで読んだあと(詰まないので)、初手に戻って工作をしておく」という問題もあるが、少数。

良質で、問題数も多めなのでAをつけたかったが、誤字・誤図がいくつかあった(下記参照)。詰将棋の誤図はかなり痛いので、惜しくもBに。(2005Sep21)

※第35問は致命的な誤植あり。攻め方2六歩・5四と、玉方1六歩・3五歩をすべて一段上げると正しい配置。誤図 正図
※第63問と第64問は解答が逆。
※第112問は「攻め方1一香(!)」という誤植がある。これはすぐに分かるので罪が小さい。

(2005Oct01追記)通りすがりさんからいただいた情報によると、少なくとも第6版では誤植がないそうです。第2版〜第5版は不明。“誤植なし”という条件付きですが、Aに格上げします。
(2009Apr25追記)たいちゃんさんからいただいた情報によると、少なくとも第4版では修正されているそうです。



【関連書籍】

[ジャンル] 
詰将棋
[シリーズ] 
[著者] 
原田泰夫
[発行年] 
1976年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 精選詰将棋200題


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved